【※あなたならどうしますか?】『つまらん』とだけ書いた読書感想文を提出して教頭に呼び出された結果・・・


スポンサードリンク


「つまらん」とだけ書いた読書感想文を提出!

そして、教頭に呼び出された結果・・・

のびにゃん
僕ね読書感想文が苦手なんだよね~
しずかにゃん
私は読書好きよ!感想文だって得意よ。
のびにゃん
いいな~!
しずかにゃん
今回紹介する出来事は、『読書感想文』に関する出来事だからのびにゃんもしっかりお話を聞いてね!
スポンサードリンク

読書感想文の作成と内容

読書感想文(どくしょかんそうぶん)は、本を読んだ感想について書かれた文章。

読書感想文の作成は学校教育において国語科の課題として行われる。

読書感想文の多くは教師によって指定された課題図書、または生徒が任意に選んだ図書を読み通し、その図書を読んだ「感想」を原稿用紙数枚程度(800字から2000字程度)の文章にまとめたものである。

読書感想文の作成は夏休みなどの長期休業期間の宿題として課されることも多い。

引用:読書感想文 – Wikipedia

読書感想文に『つまらん』とだけ書いて提出

その読書感想文に書いたのは、

「つまらん」

という文字のみ・・・

その後、教頭に呼び出されて・・・

それではご覧ください!

次のページへ続きます




スポンサードリンク

1 個のコメント

  • 中学一年のときに 田作 の読み仮名を たづくり とかいて ❌ でした。ごまめ だそうです。40年経っても未だに納得してない。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない場合コメントができませんのでご注意ください。