【※あなたはどう思いますか?】『魔女の宅急便の『先輩魔女』の魅力を語る人たち』うわ、それ、共感する!!あなたはどう思いますか?


スポンサードリンク


『魔女の宅急便の『先輩魔女』の魅力を語る人たち』うわ、それ、共感する!!

あなたはどう思いますか?

のびにゃん
魔女の宅急便みた?
しずかにゃん
私もう何回目だろう?見るたびに元気をもらっているわ!
のびにゃん
そうだよね~名作だもん!今回は、『先輩魔女』に関する共感するお話を紹介!
スポンサードリンク

魔女の宅急便

『魔女の宅急便』(まじょのたっきゅうびん)とは角野栄子による児童書(児童文学)である。宮崎駿監督によって1989年に同名でアニメ映画化された。

また2014年、清水崇監督により実写映画化された(主演・小芝風花、詳細節参照)。

シリーズ1作目『魔女の宅急便』は、主人公のキキが親元を離れ、知らない町で魔女として一人立ちする姿を描く。

オリジナルは1982年から1983年にかけて『母の友』に連載された。

その後シリーズ化されており、福音館書店から刊行されている。

表紙画、挿画は第1巻が林明子、第2巻が広野多可子、第3 – 6巻は佐竹美保がそれぞれ手がけた。英語、イタリア語、中国語、スウェーデン語版も出版されている。2009年10月、最終巻『魔女の宅急便その6 それぞれの旅立ち』が刊行され、24年に亘って描かれた同シリーズは完結した。

その後『魔女の宅急便特別編』として2冊が刊行されている。

引用:魔女の宅急便 – Wikipedia

歳取って見ると、昔見てた頃より印象がまた違って見える!

https://twitter.com/kinro_ntv/status/949253509186142208

気持ちがめっちゃわかる!という意見が多数!

どういったところが共感を呼んでいるのでしょうか?早速ご覧ください!

次のページへ続きます




スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない場合コメントができませんのでご注意ください。