【※涙腺崩壊】名作「タッチ」と、その26年後の物語を紡いだミュージックビデオに涙が止まらない・・・


スポンサードリンク


名作「タッチ」と、その26年後の物語を紡いだミュージックビデオ

その内容に涙が止まらない・・・

1981年~1986年に、「週刊少年サンデー」(小学館)

で連載されていた、野球漫画の『タッチ』。当時、大ブームになりました。

あの頃の少年は、みんな浅倉南のファンだったのではないでしょうか。

『タッチ』はただの青春野球漫画ではなく、

双子の兄弟と可愛い幼馴染の女の子を軸にした繊細な物語です。

当時『タッチ』という主題から爽やかな青春漫画を想像していた編集部の方は、

でき上がった「タッチ」の意味を知り愕然としたとか…。

タッチは「命を繋ぐ・夢を繋ぐ」意味だったと、後に作者であるあだち充さんがコメントしたそうです。

スポンサードリンク

そのような名作の『タッチ』ですが、

名作『タッチ』と、26年後の物語を紡いだミュージックビデオ「鱗(うろこ)」が発表され、

話題になっているのでご紹介します!

そのミュージックビデオがこちら!

次のページへ続きます




スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない場合コメントができませんのでご注意ください。