【※あなたのお父さんはどうですか?】いつもヘラヘラしているお父さん。そのお父さんの本気の姿を見た時、僕は・・・


スポンサードリンク


いつもヘラヘラしているお父さん

そのお父さんの本気の姿を見た時、僕は・・・

のびにゃん
パパにいつも感謝してる??
しずかにゃん
どうしたの?
のびにゃん
なんかね、いつもお仕事お疲れさまって今日いうんだ!
スポンサードリンク

公用でM高校へ出かけたある日のことだった

校長先生が、私達を呼び止めて

「時間がありましたらお見せしたいものがありますので、

 校長室までお越しください」

と言い、校長室に案内された。

「実はある生徒の作文ですが・・」

とA少年の経歴を話しながら、校長先生はある作文を朗読した。

「僕の父親の職業は鳶職である・・・」

という書き出しから始まり、内容はおよそ次の様なことが書かれていた。

父親の休日は定まっていなかった。

雨の日以外は日曜日も祭日もなく、お定まりの作業服に

汚れた古いオンボロ車を運転して仕事に出かける。

仕事が終わると頭から足の先まで泥や埃で真っ黒くなって帰り、

庭先で衣服を脱ぎ捨てて、褌ひとつになって風呂に飛び込むのが日課である。

僕の友達がいても平気で、そんな父の姿が恥ずかしく嫌いだった。

スポンサードリンク

小学校の頃、近所の友達は日曜日になると決まって、

両親に連れられて買い物や食事に出かけて行き、僕は羨ましく思いながら見送ったものだ。

(みんな立派な父さんがいていいなぁ)と涙が流れたこともあった。

たまの休みは朝から焼酎を飲みながらテレビの前に座っていた。

母は『掃除の邪魔だからどいてよ』と掃除機で追っ払う。

『そんな邪魔にすんなよ』父は逆らうでもなく焼酎瓶片手にウロウロしている。

『濡れ落ち葉という言葉はあんたにピッタリね・・この粗大ゴミ!』

『なるほど俺にそっくりかハハハ・・うまいことをいうなハハハ・・』

と父は受け流して怒ろうともせずゲラゲラ笑っている。

小学校の頃から小遣いをくれるのも母だったし、買い物も母が連れて行ってくれた。

運動会も発表会も父が来たことなど一度もない。

こんな父親などいてもいなくってもかまわないと思ったりした。

そんなある日・・・

続きをご覧ください!

次のページへ続きます




スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない場合コメントができませんのでご注意ください。