【※涙腺崩壊】俺一人で育てた血の繋がっていない娘が結婚することに。相手両親「調べさせてもらったよ…」あぁ、終わった…と思ったら・・・


スポンサードリンク


俺一人で育てた血の繋がっていない娘が結婚することに

相手両親「調べさせてもらったよ…」あぁ、終わった…と思ったら・・・

のびにゃん
娘が結婚するときって
お父さんは寂しいんだろうな・・・
しずかにゃん
のびにゃんお父さんの気持ちわかるの?
のびにゃん
わかるよ。
しずかにゃんのお父さんもきっと寂しがるよ。
しずかにゃん
そうね・・・
結婚を認めてもらうのも大変そう。
のびにゃん
僕がきっと認めさせてみせるよ!
しずかにゃん
え・・・?

 

今回ご紹介するのは、ある親子のお話です。

托卵の娘を俺一人で育て、先日嫁に出した。

元嫁と結婚したのは26年前。

それはそれはラブラブな毎日で、幸せ一杯・・・だった。

2年後に娘が生まれ、更に幸せな家庭構築。

2歳の誕生日前に、ちょっとした病気の疑いで血液検査。

結果、病気は問題は無かったんだけど、血液型に問題あり。

俺も元嫁もA型で娘はB型。

俺親は電車-飛行機-電車を乗り継ぐ距離なので、近くに住む元嫁両親と共に元嫁を追求。

証拠があるのであっさりと不倫と托卵を認め、取り敢えず離婚届に署名捺印を。

そんな話し合いをしていたある日、元嫁失踪。

結局間男はわからないままに、ジ・エンド。

スポンサードリンク

元嫁両親は連絡は取れないまま元嫁とは絶縁宣言。

子供を引き取りたいとの申し出はあったが、意地でも俺が育てる事に。

可愛かったし懐いていたからね。

この選択については、後々後悔をした事もあるけれど、今の俺があるのはこの子のお陰。

そのときから元嫁はもういない事になった。

でも会社勤めの俺、昼間は元嫁両親に依存。歩いて行ける距離。

小学1年の時に、俺の転勤で元嫁両親の手を離れ、父娘だけの生活に・・・

続きをご覧ください!

次のページへ続きます




スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない場合コメントができませんのでご注意ください。