【※あなたはどう思いますか?】『間違えて女性専用車両に乗った男性に「降りろ!」と詰め寄るオバサン』隣にいたOLの一言で黙ることに・・・


スポンサードリンク


『間違えて女性専用車両に乗った男性に「降りろ!」と詰め寄るオバサン』

隣にいたOLの一言で黙ることに・・・

のびにゃん
この前ママと電車に乗ったんだけど、
女性専用車両に乗っちゃったんだ。
じゃいにゃん
それいいのか?
マナー違反なんじゃ・・・
のびにゃん
え!そうなの!?
怒られちゃうかな?!
助けて!
できすぎにゃん
のびにゃん大丈夫だよ!
怒られたりしないから!
のびにゃん
本当!?
よかったぁ~
できすぎにゃん
これを読んでみて!
のびにゃん
読んでみるよ!

 

人間誰でも、1度や2度の間違いやミスは犯すものです。

それは、仕方のないことですね。

何も失敗しない完璧な人間などは存在しないはずです。

しかし今のストレス社会には神経過敏な人もいて、

必要以上に他人のミスを攻め立てることも多いようです。

子どもの通う学校で教師に文句を言う親、駅のホームで駅員に食ってかかる乗客など、

世の中総クレーマー時代と呼んでも言い過ぎではないような気がします。

そんなクレーマーに出会ってしまったら災難ですね。

今回ご紹介するのは、そんなクレーマーに出会ってしまった男性のお話です。

スポンサードリンク

それは、いつも利用する通勤電車内で起こりました。

ある日、遅刻寸前で急いでいた男性はうっかり女性専用車両に乗り込んでしまったのです。

女性専用車両とは・・・

電車内における迷惑行為・痴漢行為対策として2005年頃から

一気に導入が進んだ女性専用車両。

指定した車両において女性以外の乗車を禁止するもので、

鉄道車両、バス・タクシーなどにおいて設定されています。

但し、事業者によっては男性の同伴、幼児、身体障害者の乗車が認められることもあります。

そのほか交通機関としては車両以外にもフェリー、空港ラウンジ等で

同等のサービスを導入している事業者も存在します。

その理由は宗教上の戒律によるもの、痴漢などの性犯罪や暴力から女性を保護するもの、

サービス向上による女性客の取り込み等が挙げられます。

また国や事業者によっては男女別に車両を分離し、男性専用車両を設定することもあります。

引用元:wikipedia

そんな女性専用車両の認知が進んだ一方、女性専用車両の設定は

各社・各路線ごとに異なるため、間違って乗ってしまう男性もいるのです・・・

続きをご覧ください!

次のページへ続きます




スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない場合コメントができませんのでご注意ください。