【※消防署員たちの優しさ】消防署に『赤ちゃんが泣き止まない・・・』と駆け込んできた若いママ。消防署員たちの優しさに感動


スポンサードリンク


消防署に『赤ちゃんが泣き止まない・・・』と駆け込んできた若いママ。消防署員たちの優しさに感動

かつての日本では、3世代同居型の家庭が多く、親以外に多くの大人が子どもに接し、それらが全体として家庭教育を担っていました。

近所や地域の人々とのつながりも今より密接だったこともあり、人々が子どもたちを「地域の子ども」として見守りながら育てていました。

そうする事で、子どもたちも地域の年の違う子どもと接したり、幼い子どもの世話をしたりした経験を持つなど、子育てを支える仕組みや環境がありました。
しかし、現代では都市化や核家族化、地域のつながりの希薄化が進んだ結果・・・

今日では多くの地域で、子育てを助けてくれる人や子育てについて相談できる人がそばにいないという状態が見られます。

今回紹介するのはある消防署でのほっこりする出来事です。

スポンサードリンク

赤ちゃんが泣き止まないと消防署に駆け込んできた若いママ

画像出典:photo-ac

スポンサードリンク

スポンサードリンク

いかがでしたか?

『たすけて』の声にしっかり対応する消防士さん素敵ですね。

無事泣き止んでよかったです。

出典元:twitter
(Twitterの埋め込み機能を使って掲載しております。)




スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない場合コメントができませんのでご注意ください。