【※あなたはどう思いますか?】『家族愛は無償』というTVで放送していた学校の道徳の授業が衝撃的だった・・・


スポンサードリンク


あなたはどう思いますか?『家族愛は無償』というTVで放送していた学校の道徳の授業が衝撃的だった・・・

2018年4月から『道徳』が正式な授業として扱われることになりました。

いままでの道徳は、指導要領など学校に任され各学校で差がありましたが、教科化されたことで、ほかの教科同様に国の検定を受けた教科書が用いられます。

正式な授業内容で教育の現場はどのように反応しているのでしょうか?

ではまずは道徳の内容を見てみましょう・・・

『お母さんのせいきゅう書』

ある朝、たかしがお母さんに1枚の紙きれを渡しました。

それは請求書でした。

「お使い代」「お掃除代」「お留守番代」として、500円を請求したのです。

お昼時、お母さんは500円と一緒に小さな紙を渡しました。お母さんからの請求書でした。

「病気をした時の看病代」「洋服や靴、おもちゃ代」など、いずれも0円。

それを目にした、たかしの目には涙があふれました。

引用元:クローズアップ現代

伝えたいのは母の無償の愛

「子供は宝物だから対価はない」

「子供は自分の成長を見せるのが役割だからお金はいらない」

というように母の愛は無償だという前提で話が進みます。

なので、クラスの生徒たちの意見の大半は『家族にはお金を求めないのが当然だ』という意見が占めます。

スポンサードリンク

そんな中1人の生徒が全く別の視点で意見を述べます

「母親だって家事とかしてるのにお金をいつももらえない。お金をもらいたいという気持ちがあるのでは」

大半の意見が自分とは異なる中、勇気をもって発言しました。

恥ずかしさを植え付け、異なる意見を封じられる

勇気をもって発言した意見を笑われ、恥ずかしいことだという気持ちを植え付けられる・・・

仕事と家事を両立する母を思っての発言だったのに・・・

仕事と家事を両立する母を思って・・・

スポンサードリンク

この投稿を見た人からは・・・

スポンサードリンク

いかがでしたか?

意見が違って当たり前なのに発言者の気持ちをぐちゃぐちゃにして何を教えたかったのでしょうか?

私たち大人も同じような行動をしているなと思いました。

やはり、普段の生活から周りの大人が子供にとって良い手本になるようにすこしづつ変わっていかなければいけないのかもしれません。

皆さんはどう思われましたか?

もしよろしければ、記事へのご意見ご感想よろしくお願いいたしますm(_ _)m

出典元:twitter

(Twitterの埋め込み機能を使って掲載しております。)




スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない場合コメントができませんのでご注意ください。