【※今まで気づかなかった!!】『今までずっと気付かなかった』火垂るの墓のポスターの光は蛍だけじゃなかった


スポンサードリンク


画像出典:twitter

『今までずっと気付かなかった』

火垂るの墓のポスターの光は蛍だけじゃなかった

のびにゃん
火垂るの墓って見たことある?いろんな秘密があるんだよね!
しずかにゃん
見たことあるよ

ママもパパも観るたびに涙を流してるんだよね。

わたしも、こんな出来事が二度とないようにって思ってるよ!

どんな秘密があるの~??

のびにゃん
今回新事実がわかったので紹介します。
スポンサードリンク

火垂るの墓とは?

『火垂るの墓』(ほたるのはか)は、野坂昭如の短編小説で、野坂自身の戦争体験を題材とした作品である。

兵庫県神戸市と西宮市近郊を舞台に、戦火の下、親を亡くした14歳の兄と4歳の妹が終戦前後の混乱の中を一生懸命に生き抜こうとするが、その思いも叶わずに栄養失調で悲劇的な最後を迎えていく姿を描いた物語。

愛情と無情が交錯する中、蛍のように儚く消えた2つの命の悲しみと鎮魂を、独特の文体と世界観で表現している。

『火垂るの墓』を原作とした同名タイトルの映画(アニメーション、実写)、漫画、テレビドラマ、合唱組曲などの翻案作品も作られており、特にアニメーション映画は一般的にも人気の高い作品となっている。

イギリスで実写映画化が予定され、撮影は2014年から行われるはずだったが、結局、実現しなかった。

公開当時、清太の声を担当した辰巳努は16歳1ヶ月、節子の声を担当した白石綾乃は5歳11ヶ月で、共に作品舞台と同じ関西地区の出身者である。

清太、節子の母の声を担当した志乃原良子も大阪出身であり、他にも、同じ関西が舞台である高畑勲の作品『じゃりン子チエ』に出演経験のある山口や表淳夫も含めた関西出身の俳優が多数出演しており、本職のアニメ声優はほとんど起用されていない。

引用元:火垂るの墓 – Wikipedia

1988年から映画公開された「火垂るの墓」は、

戦争の悲惨さを市民目線で描いた作品

として大きな話題になりました。

日本だけではなく、世界からも高い評価を受けているこの作品は、

幅広い人々の心の中に浸透しています。

そんな火垂るの墓には様々な秘密が存在するのですが、

ご存知でしょうか?

では、

火垂るの墓の様々な秘密を次から詳しく見ていきましょう。

続きをご覧ください!

次のページへ続きます




スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない場合コメントができませんのでご注意ください。