【※食べている姿が可愛い!】『妻の食べる姿が大好きな夫』妻に思う存分食べさせた結果・・・体重が198kgに!


スポンサードリンク


画像出典:lass

食べている姿が可愛い!『妻の食べる姿が大好きな夫』妻に思う存分食べさせた結果・・・体重が198kgに!

今回は、妻を愛していることが理由で198kgという超肥満にさせてしまった夫の話をご紹介いたします。

妻は子どもの頃両親が出稼ぎに出ていて家におらず、祖母と祖父の元で育ちました。

幼い頃から肥満体型という訳ではありませんでした。

幼い頃はあまりにも貧しいために、肉を食べることがほとんどありませんでした。

そんな環境で育った妻は、高校生になってアルバイトでお金を稼ぎ始め、その時食べた美味しい料理の味に惹かれ、

18歳になった頃には既に90kgまで体重が増加してしまいました。

画像出典:lass

夫と出会い・・・

彼女は太った自分の姿があまり好きではありませんでした。

しかし、そんな彼女に恋愛を教えてくれた男性がいました。それは、今の夫でした。

男性は彼女の暖かい性格に惹かれて、告白をしたのです。

画像出典:lass

そんな二人はすぐに交際を始め、結婚を約束しました。

しかし、彼女の体重では子供を産むことはできないだろうと、男性の両親には結婚に大きく反対されました。

それでも二人の愛の力で親の反対を押し切り、2015年に結婚式を挙げました。

スポンサードリンク

結婚してから・・・

結婚してからも妻の食べる姿が可愛くてしかたない夫は、妻にお肉などを食べさせ続けていました。

そんな日々が続き、妻の体重はいつのまにか198kgまで増加してしまったのです。

夫の愛情は、これだけではありませんでした。

妻の体重では動くのが大変だろうと思い、家事は全て夫が毎日してくれていました。

しかし、夫が妻を支えれば支えるほど、妻の健康はますます悪くなり始めました。

妻は病院で子宮内膜症、不妊、腰椎と診断されたのです。

これら全ての原因が、肥満で生じた合併症だったのです。

画像出典:lass

スポンサードリンク

ダイエットしなければ!

それでもお肉が大好きだった妻。

しかしある日突然、急にダイエットをすると運動を始めたのです。

その理由は、『夫の子どもを産みたいから』。

自分の体型を気にせず、お肉が大好きな自分をいつまでも愛してくれた夫の子どもを産みたいと思ったのです。

妻は、夫との子どもを産むために、家族を守るために、ダイエットに励んでいます。

夫も妻のダイエットを応援し、一緒に運動をしているそうです。

画像出典:lass

夫は、「妻のぽっちゃりした姿が可愛い。彼女の姿は見れば見るほど愛おしい」と言いながらも、

「自分の愛情が痛みという形で戻ってきた」と、心境を明らかにしました。

いかがでしたか?

夫の愛情が裏目に出てしまいましたが、これからも二人で乗り越えていってほしいですね。

ダイエットに成功して、ぜひ健康な子どもを産んでほしいです!

出典元:lass

おすすめ動画チャンネル

二つの漫画チャンネルをご紹介!

まんが生活動画

「まんが生活動画」のチャンネル登録はこちらです(*‘ω‘ *)

http://www.youtube.com/

【※忘れてたよね?】コーヒー1杯で25分待たされ、忘れてるんだと思って声をかけると「今作ってます!」持ってきた時の店員はマニュアル通り「ごゆっくりどうぞ」Part3【マンガ動画】

【※信じられない光景が・・・】お世話になった駐車場の管理人さんにお礼を言うと出向いて行ったら、信じられない光景が・・・Part2【マンガ動画】

【※会社で起こった恐怖】深夜11時、残業で遅くなった私は貨物用エレベーターで人間の顔を見た・・・Part1【マンガ動画】

まんが生活動画

「日常まんが動画」のチャンネル登録はこちらです(*‘ω‘ *)

http://www.youtube.com/

【※リードをつけたままウロウロしている柴犬】どこかに誘導しようとしているように見えたので後をついて行くと・・・なんと!Part52【マンガ動画】

【※休日に】一人暮らししてるばあちゃんちに行って他愛のない話したり庭の木の枝を切ってやったりしてた。ある日ばあちゃんに「この先長くないから、一つ頼みがある」と言われ・・・Part51【マンガ動画】

【※娘が手にしているお菓子を見て】店員「それ会計まだですよね」私「これは別のお店で買った物です」店員「嘘はいいから」その後店員の顔色が変わり・・・Part50【マンガ動画】




スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない場合コメントができませんのでご注意ください。