【※昔の電車の駅あるある】あの頃を思い出す!『アナログ時代の風景』が懐かしいと超話題!


スポンサードリンク


画像出典:youtube

昔の電車の駅あるある!あの頃を思い出す!『アナログ時代の風景が懐かしい』

子供の頃、改札口で駅員さんが「カチカチ」って切符を切ってくれたのを覚えてます。

今回紹介するのは、現代とはまた違ったアナログな時代の電車の駅のあるあるです。

懐かしいのでぜひご覧ください!

スポンサードリンク

切符販売機

子供のボタンは、カバーが付いてましたね、間違って買わないようにでしょうか?

販売機の見た目もレトロでいいですね~(´-`*)

 

有人改札

今でも、地方に行けば自動改札機が無い駅はいっぱいあると思いますが、昔はターミナル駅でも有人改札で何万人も通る事を考えてみれば、駅員さんはすごかったですね。

もちろん手作業で切ってましたね!

切符を切るこの道具は「改札鋏」というらしいです。昔は駅員さんが、人がいなくてもカチカチ鳴らしまくっていましたね。人によって、カチカチのリズムが違ったり。

スポンサードリンク

時刻表や掲示板

電光掲示板がない時代は上から吊るされた表を見てましたね。

また、伝言板なるものもありました。

たばこはOKでした!

つい最近までホームには必ず喫煙所がありました。

灰皿がある車両もありますね!

スポンサードリンク

乗車率がすごかった!!

かつては乗車率300%超の列車もあったとされる・・・

時にはガラスが割れることも・・・

公衆電話がたくさんあった

いかがでしたか?

昔の電車の駅あるあるでした。

懐かしい風景が少しずつなくなるのはとても寂しいことですね( ゚Д゚)

駅の切符を切ってもらうのが子供時代楽しみだったことを思い出しました。

皆さんはどんな駅の思い出がありますか?

出典元:twitter/youtube
(Twitter/youtubeの埋め込み機能を使って掲載しております。)




スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない場合コメントができませんのでご注意ください。