【※注意喚起】『勉強のしすぎも考え物?』9歳の子どもが徹夜しすぎによる勉強疲れで・・・


スポンサードリンク


注意喚起・・・『勉強のしすぎも考え物?』9歳の子どもが徹夜しすぎによる勉強疲れで・・・

子供にとって勉強する事はとても大切なことです。

しかし、子どもを寝させないで24時間以上勉強をさせるのはいかがなものでしょうか?

今回紹介するのは、海外で起きた出来事。

9歳の子どもが徹夜しすぎた結果この世を去る事になってしまった出来事です。

スポンサードリンク

勉強しすぎると命に関わる?

それは中国に住むある家庭で、母親が必要以上に子どもに教育をさせたとして、9歳の息子が勉強疲れでこの世を去る事になったというニュースが報じられました。

病院に運ばれた息子は意識を失っていたといいます。

その原因は過労とストレスです。息子は病院に運ばれた3時間後に息を引き取りました。

母親は自身の失敗を認めたくないのか「息子に辛い味のおやつを与えてしまったからこの世を去ったんだ」と言うのですが、医師は「そんなことは関係ない。息子さんは過労によってこの世を去ったのだ、なんでこんなになるまで放っておいたんだ」と反発しました。

息子のためを思って教育熱心だった母親の思いが、最悪なケースを引き起こしてしまいました。

息子は学校で優秀な成績だったようですが、最近は成績があまり思わしくなかったようです。

そのため、母親は息子に夜通し勉強をさせたのですが、息子が無くなった日も夜中の12時過ぎまで勉強をさせ、鼻血を出して倒れてしまったそうです。

スポンサードリンク

教育熱心な親はダメなのか?

日本では学歴社会の概念が薄れてきているといっても、やはり子どもを名門に入れたい、という親も多いでしょう。

そんな熱心な親を持つ子供たちは、実際のところどのように思っているのでしょうか?

厳しくとも親に感謝している子ども

とある家庭の子どもは、中学受験のために受験2年前の小学生5年生からはテレビや漫画も一切禁止で、友達との遊びもほぼダメだったと話します。

そのため、当時は親が大嫌いだったようですが、しかし、その後の高校や大学受験で大変な思いをしなかったことで、当時の親には感謝しているそうです。

勉強をさせすぎた反動で問題児になった子ども

また、逆のケースもみられるようです。幼稚園の頃からすべてを受験のための勉強に取られていたので、やっと入学して解放されたことで爆発してしまったという子どももいるようです。幼少期に勉強ばかり押しつけられなかったら、勉強をもっと楽しめたかもしれませんね。

親の教育熱心のせいで精神的な病に

また、これに関しては最悪なケースといえますが、現在30代の女性は教育熱心だった母親からテストが98点でも「なんで2点が取れないの。

この2点で受験に落ちて人生が変わるかもしれないのよ」と言われたことがトラウマになり「完璧にしなくては人生失敗だ」という強迫観念がひどく、10代〜20代の頃は精神的な病気にかかってしまったそうです。

スポンサードリンク

いかがでしたか?

このように、子どもの学力を向上させるのは親の役目でもありますが、あまりにも子どもに厳しすぎるのは考え物でしょう。

親の教育熱心さと子どもの幸せは必ずイコールではない、ということを知らなければなりませんね。

楽しく勉強出来たらそれが一番なのかもしれませんね(^^)

出典元:articlelike.com




スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない場合コメントができませんのでご注意ください。