『バナナが及ぼす身体の変化がスゴい!』茶色い斑点があるバナナを毎日2本食べ続けた結果・・・


スポンサードリンク


『バナナが及ぼす身体の変化がスゴい!』茶色い斑点があるバナナを毎日2本ひと月食べ続けた結果・・・

身近な果物であるバナナ。

バナナは、幅広く愛されている果物です。

腹持ちも良く、栄養価の高い食べ物としても知られています。

しかし、バナナを放置しておくと真っ黒になってしまう事がありますよね?

腐ってしまったと言って捨てたりしていませんか?

実は、『バナナは茶色い斑点があるぐらい熟した方が栄養価が高い』

と言うことをご存じでしょうか?

スポンサードリンク

見た目は悪くても、食べると身体にいいんですね。

バナナが茶色く黒くなるとバナナ自体が傷んで、

腐敗すると思うかも知れませんが、そうではありません。

因みに、茶色い斑点は「シュガースポット」と呼ばれています。

それでは、茶色くなったバナナを食べ続けると

身体にどのような変化が起こるのでしょうか?

バナナを食べることで得られる6つの変化

1.胸焼け解消

茶色い斑点が出た熟したバナナにはリン脂質が多く含有され、

これが胃の粘膜に吸着し、胃酸からの攻撃を抑える働きをします。

そのため、胃炎や胃潰瘍の予防にも効果があります。

スポンサードリンク

 

2.抗がん剤効果

熟したバナナには潰瘍細胞を壊す成分が

含有されており、がんに対抗する体作りが可能となります。

また、白血球にも作用し強い免疫力を持つことができます。

3.便秘解消

食物繊維、オリゴ糖、マグネシウムが多く含まれており、便秘解消に役立ちます。

また、熟したバナナは血行改善にも効果があるので

自然な便秘解消を目指す人におすすめです。

4.ストレス解消

バナナに多く含まれているビタミンBがストレスを抑える働きをします。

また、血糖値を正常値に保ち、加えて疲労回復までさせる効果があります。

スポンサードリンク

5.体温調整

バナナは暑い気候でよく育ちます。

そのため、体温を下げる効果があります。

体温上昇、発熱時に体温を効率よく下げてくれます。

6.心臓発作や脳卒中のリスク軽減

カリウムは心臓や脳の細胞の働きに重要な成分です。

カリウムが多く含まれるバナナには、

心臓発作や脳卒中のリスクを軽減させる効果があります。

カリウムの推薦摂取量は1日1500mg。

これは、バナナ2~3本に含まれる量です。

いかがでしたか?

今すぐバナナが食べたくなりますね!

出典元:youtube




スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない場合コメントができませんのでご注意ください。