【※世の中捨てたもんじゃない】『5歳の白血病の息子の看病をしたい・・・』妻に先立たれた男性に412日間の有給休暇をプレゼント!→そんな素敵な計らいをしてくれたのは650人もの同僚の善意だった!


スポンサードリンク


画像出典:twitter

5歳の白血病の息子の看病をしたい・・・

今回ご紹介するのは、白血病のわが子の看病をしたいと考えているドイツに住む男性アンドレアス・グラフさん(36歳)のお話です。

わずか3歳で白血病を患ってしまった息子ジェリウス君(5歳)がいます。

治療のため9週間入院していましたが、ようやく退院する運びとなりました。

窮屈な病院生活に別れを告げ、ようやく自宅療養をするはずだったのですが、アンドレアスさんにとんでもない不幸が訪れたのです。

最愛の妻が心臓発作で突然この世を去ってしまったのでした・・

スポンサードリンク

アンドレアスさんにとって悲しむ時間はありませんでした

ジェリウス君の看病を自分自身がしないといけないことになり、仕事ができる状態ではないことに気づきます。

しかし、仕事もしなければ治療費も払うことが出来ないことから、とりあえず彼は全ての有給を消化することにしました。

しかし有給も限られていて、全ての有給を消化したところで彼が手にする時間はほんのわずかでした・・

病気の息子の事、治療費の事、彼は日に日にそんな悩みに押し潰されそうになっていました。

そんな彼に救いの手を差し伸べたのは、会社の女性マネージャーでした。

彼女は、650人いる社員たちに、こう呼びかけたのである。

『みんなが無償で働いてくれた残業分を、アンドレアスさんの有給に充てます。』

アンドレアスさんのことを知らない社員も多かったというが、なんと650人全員が快諾し、わずか2週間で約3300時間分の有給がアンドレアスさんにプレゼントされたのだ。

3300時間といえば、1日8時間勤務として約412日分。そう、約1年半分の有給に相当するのである。

1人が5時間の残業をすることで、アンドレアスさんに1年半分もの有給がプレゼントされるという今回の出来事。1人1人の小さな力が集まれば、こんなにも大きな成果が得られるということを改めて感じることが出来ました。

ジュリウス君の治療経過

現在、ジュリウス君の治療経過も順調で、近いうちに幼稚園に通うことも出来そうだといいます。

その日まで、ジュリウス君のそばに寄り添ってあげられる時間が確保出来ることは、アンドレアスさんにとって何よりも心強いに違いありませんね。

いかがでしたか?

困っている会社の同僚への心遣いが素晴らしいですね。

もしも、私たちが同じような状況になった時、納得して無償で働いた分を同僚にプレゼントできるのかな?と考えてしまいました。

出典元:twitter
(Twitterの埋め込み機能を使って掲載しております。)




スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない場合コメントができませんのでご注意ください。