【※悲しい実話】この世を去った妻に会いたくて『お墓参り』に行った夫・・・『助けて!』と悲鳴を聞いて救出したが・・・


スポンサードリンク


この世を去った妻に会いたくて『お墓参り』に行った夫・・・『助けて!』と悲鳴を聞いて救出した

今回紹介するのは海外で起こった『悲しい実話』です。

最近、オンラインメディアのグッドタイムズは医師の誤診のせいで生き埋めされて救助された10代の妊婦が残念ながら命を失う結末となった出来事を報道しました。

スポンサードリンク

一瞬にして妻とお腹の中の赤ちゃんを失うことになった

南米のLa Entradaに住んでいた少女ネイジー・ペレス(Neysi Perez、16)は、妊娠3ヶ月目に入りました。

ネイジーは夜遅くにトイレに行こうと眠りから覚めたが、突然に「心臓麻痺」で意識を失って倒れました。

家族は口から白い泡を吐きながら意識を失ったネイジーを発見して、すぐに病院に連れて行ったが、残念ながらこの世を去る事になったという宣告を受けました。

夫のルディー・ゴンザレス(Rudy Gonzales)は、一瞬にして妻とお腹の中の赤ちゃんを失ってしまい、深い喪失感と悲しみに陥りました。

どこかからかすかな悲鳴が聞こえてき始めました

彼はまだ結婚式もしていないままこの世を去る事になった花嫁のために、ウェディングドレスを着せた後にお葬式を行いました。

彼は自分の悲しい現実を受け入れられずに涙を流しながら夜を過ごし、翌日一人寂しく妻の墓参りに行きました。

画像出典:photo-ac.com

墓の前に座り込んでしばらく独り言をしていたその時、どこかからかすかな悲鳴が聞こえてき始めました。

男性は震いながら周りを見渡したが誰もいませんでした。

彼はじっくり耳を傾けて音の源を追ってみた結果、その音は妻の墓から出ているようでした。

画像出典:photo-ac.com

ひょっとしたらという考えに、彼は慌てて墓を掘り、妻を棺から出しました。

怒り

妻をすぐに病院に運んだが、結局は息を収めてしまいました。

ルディーは棺から取り出された妻の手を見て、その場に座り込んで涙を流すしかありませんでした。

生きるために必死に棺を叩いた跡がそのまま手に残っていたからです。

ルディーは「妻は真っ暗な棺の中で目を覚ました時はどれだけ怖かったのかが想像できない」、「妻は明らかに生きていた。助けてくれと叫んでいた」と涙を流しながら話していました。

いとこのカロリーナ・ペレス(Carolina Perez)は「棺の蓋をどれだけ擦ったのか、指先が傷でいっぱいだった。医師の誤診で二人の命を死亡させた」と怒りを見せました。

スポンサードリンク

いかがでしたか?

医師はしっかりと診断を行ったのでしょうか?

妻もお腹の中の子供も失った彼の喪失は大きかったでしょう。

出典元:nydailynews.com




スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない場合コメントができませんのでご注意ください。