【※やっぱイチローだな!】イチロー選手の『小学生の質問にパーフェクトな回答』が超話題!大人にも読んでもらいたい!


スポンサードリンク


画像出典:twitter

イチロー選手の『小学生の質問にパーフェクトな回答』が超話題!大人にも読んでもらいたい!

小学生の「がんばればどんな夢でも叶うのか?」

っといった感じの質問に対するイチロー選手の回答が話題になっています。

故郷の愛知県豊山町で行われた、イチロー杯争奪学童軟式野球大会での出来事です。

大人にも見ていただきたい内容です!

スポンサードリンク

イチロー杯争奪学童軟式野球大会

イチロー杯争奪学童軟式野球大会(イチローはいそうだつがくどうなんしきやきゅうたいかい)は、MLBシアトル・マリナーズで会長付特別補佐を務める野球選手イチローが大会長を務める学童野球大会である。

優勝、準優勝チームはイチロー本人から直接表彰される。

2007年の第12回大会には愛知、岐阜、三重、長野から過去最多の273チームが参加した。

イチロー自身が抱いていた「野球の底辺を広げたい」という想いを地域の人たちが実現した大会である。

イチローの故郷豊山町にある豊山グランドなど、愛知県内のいくつかのグラウンドで、6月から11月の半年間にかけて行われる。

1996年に約90チームで始まった大会も、イチローの人気上昇とともに年々参加チームが増え、2007年の第12回大会には273チームが参加。

参加チーム数が増えるにつれて大会参加チームのレベルも上がり、現在では、イチロー杯で好成績を残したチームは全国的にレベルの高いチームと評価されるようになった。

引用元:イチロー杯争奪学童軟式野球大会 – Wikipedia

動画でご覧ください

レジェンドは言うことが違いますね!

「みんなに伝えたいことは」と切り出すと「自分ができると思ったことは、必ずできるとは限らない。

でも、自分ができないと思ってしまったら、それは絶対にできない、ということを覚えておいて欲しいと思います。

周りができないということはたくさんあるんですけど、それでも自分が頑張っていたら、最後できることもたくさんあります。

できないことももちろんたくさんあるんですけど、自分の中で自分の可能性を決めないで欲しい」と熱弁。

さらに「その人がどんな人間か、というのは、人が見ているところで見える姿ではなくて、人が見えないところでどんな自分であれるか、ということがその人であるような気がします。

自分1人で頑張らないといけないときに頑張ることは、すごく力のいるし、難しいことなんだよね。

常に自分に自分はどうなんだということを問う、そんな人間であってほしい、大人になってほしいなと思います」

と語りかけた。

スポンサードリンク

ネットの反応はというと・・・

いかがでしたか?

イチロー選手の言葉は説得力がありますよね(^^)

大人が聞いても『なるほど!!』ってなりますね!

出典元:twitter
(Twitter・youtubeの埋め込み機能を使って掲載しております。)




スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない場合コメントができませんのでご注意ください。