【※あなたはどう思いますか?】『”すっぴんが好き”と言いながら”すっぴんを見て幻滅した”』に対する林先生の言葉が素晴らしいと話題


スポンサードリンク


あなたはどう思いますか?『”すっぴんが好き”と言いながら”すっぴんを見て幻滅した”』に対する林先生の言葉が素晴らしい

男性にアンケートを取ると、

『化粧をした後の姿より女性のすっぴんを好むという男性が過半数以上』

さらに、男性にアンケートをとると・・・

『女性のすっぴんに幻滅したことのあるという男性がこちらも過半数』

という結果になるのだそうです。

このアンケート結果に対して林修先生が物申した意見が多くの女性から称賛の声を集めています。

ぜひご覧ください。

化粧とは?

白粉(おしろい)や紅(べに)などをつけて顔(など)を装い、飾ること。

英語で makeup(カタカナでは「メイクアップ」「メーキャップ」と表記)フランス語で maquillage 「マキアージュ」「マキヤージュ」。

化粧の内容にも左右されるが、一般的な化粧によって得られる心理的効果には自尊心の向上と、社会的な幸福感がある。

化粧することによって自分の身体的問題点をカバーし、自己呈示したい特徴を増強することで、自己評価を高めるとともに社会的積極性を高めることになる。

化粧の作業には適度な緊張が生じることから気持ちの切り替えがしやすく、鏡に向かうことによって自己意識や内省的な傾向を高めるなど、心理的な安定をもたらす効果がある。

また、うつ病や老人性認知症などの患者に対して化粧指導することで、平板化した感情を活性化し、社会復帰を促す効果が示されている。

化粧行動は他者や世間への関心を前提として、自分の印象を管理することで関係の調和を図り、社会的承認欲求を満たすことが基本的な動機となる。

また、入念なメイクアップをすることで、変身願望や若返りといった自己満足を達成する意味もある。

化粧による自己満足感は年代的には30代後半で特に多く認識されており、その後はしだいに習慣性のものと認識される傾向がある。

引用元:化粧 – Wikipedia

スポンサードリンク

「すっぴんが好き」と言いながら「すっぴんを見て幻滅した」という男性に物申す林先生

女性が、化粧をするということは綺麗になるという女性ならではの努力方法なのです。

ネットの反応

その一方で『結局男性は化粧をしても、すっぴんでも綺麗な女性が好きということでは・・・?』との意見も多く見られました。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

いかがでしたか?

皆さんはどう思いましたでしょうか?

出典元:twitter
(Twitterの埋め込み機能を使って掲載しております。)




スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない場合コメントができませんのでご注意ください。