【※あなたに読んでほしい】作文コンクールで最優秀賞に選ばれた小学一年生の手紙『てんしのいもうと』に涙が止まりません


スポンサードリンク


画像出典元:youtube

作文コンクールで最優秀賞に選ばれた小学一年生の手紙『てんしのいもうと』に涙が止まりません

皆さんは誰かに手紙を最近書いたりしてますか?

気持ちがこもった手書きの手紙って貰うと嬉しいですよね?

今回紹介するのは、新潟県柏崎市にある小学校に通う小学校1年生の松橋一太くんが妹に宛てた手紙です。

こちらの手紙は朝日学生新聞社主催の『いつもありがとう作文コンクール』で最優秀賞に選ばれることになりました。

ネット上で多くの人に感動を与えています。

スポンサードリンク

それでは、こちら手紙の全文と動画をご覧ください。

てんし の いもうと

新潟県 1年 松橋一太

僕には、てんしの妹がいます。

夜中、僕は、お父さんと病院の待合室に座っていました。隣にいるお父さんは、少しこわい顔をしています。いつも人でいっぱいの病院は、夜中になるとこんなに静かなんだなあと思いました。

少したってから、目の前のドアが開いて、車いすに乗ったお母さんと看護師さんが出てきました。

僕が車いすを押すと、お母さんは悲しそうに、歯を食いしばった顔をして、僕の手をぎゅっと握りました。

家に着くころ、お空は少し明るくなっていました。

僕は1人っ子なので、妹が産まれてくることがとても楽しみでした。お母さんのお腹に妹が来たと聞いてから、毎日、ぬいぐるみでおむつがえの練習をしたり、妹の名前を考えたりして過ごしました。

ごはんを食べたり、おしゃべりしたり笑ったり、公園で遊んだり、テレビを見たり、いままで3人でしていたことを、これからは4人でするんだなあと思っていました。

でも、春休みの終わり、トイレでぐったりしながら泣いているお母さんを見て、これからも3人なのかもしれないと思いました。さみしくて、悲しかったけど、それをいったらお父さんとお母さんが困ると思っていえませんでした。

ぽかぽかの暖かい日、僕たちは、善光寺さんへ行きました。妹とバイバイするためです。初めて4人でおでかけをしました。

僕は、妹が天国で遊べるように、おりがみでおもちゃを作りました。

「また、お母さんのお腹に来てね。今度は産まれてきて、一緒にいろんなことしようね。」
と、手紙を書きました。

僕は、手を合わせながら、僕の当たり前の毎日は、ありがとうの毎日なんだと思いました。

お父さんとお母さんがいることも、笑うことも、食べることや話すことも、全部ありがとうなんだと思いました。

それを教えてくれたのは、妹です。

僕の妹、ありがとう。

お父さん、お母さん、ありがとう。

生きていること、ありがとう。

僕には、てんしの妹がいます。

大事な大事な妹がいます。

※原文は、すべてひらがなです。

出典元:youtube

スポンサードリンク

「僕の当たり前の毎日は、ありがとうの毎日」という言葉がとても心に響きました。

スポンサードリンク

いかがでしたか?

とくに私達大人は、毎日を忙しく過ごす中で大切なことを忘れていっているのかもしれません。

この作文には、『決して忘れてはいけないメッセージ』がそこに秘められているように思いました。

皆さんは、この作文を読んでどのように思いましたでしょうか?

最後までご覧頂きましてありがとうございます。

出典元:youtube

(youtubeの埋め込み機能を使って掲載しております。)

おすすめ動画

「日常まんが動画」のチャンネル登録はこちらです(*‘ω‘ *)

http://www.youtube.com/

【※ちょっとひといき漫画動画Part3】疑いをかけられ警察に取り調べられた俺。すると、ある一言で状況が一変!信じられない結末に・・・

【※ちょっとひといき漫画動画Part2】俺『ラーメン、ネギ抜きで』するとネギ大盛りラーメンが出てきた!お金を置いて店を出ようとしたら・・・

【※ちょっとひといき漫画動画Part1】友人に貸した軽トラがガソリン空で返ってきた・・・友人がまた貸してと言ってきて・・・




スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない場合コメントができませんのでご注意ください。