子供達が『ダーツの旅』で番組の質問に番組の意図とは違うけどある意味では大正解を言ってしまう!その子供が言った事とは?


スポンサードリンク


画像出典:twitter

子供達が『ダーツの旅』で番組の質問に番組の意図とは違うけどある意味では大正解を言ってしまう!その子供が言った事とは?

皆さんは、『ダーツの旅』をご覧になった事はありますか?

『ダーツの旅』で番組の質問に番組の意図とは違うけどある意味では大正解を言ってしまう子供が話題です。

ぜひご覧ください。

スポンサードリンク

ダーツの旅とは?

1996年の初回から放送している人気コーナー。初回から1998年9月までは放送順にその日最後のコーナーだったが、同年10月から冒頭のコーナーに変更された。2008年11月12日からは19時30分をまたぐ真ん中のコーナーになり、2009年6月からは番組最後のコーナーに戻った。

2013年7月からは再びスペシャルゲストクイズの次の最初のコーナーになり、その後、番組最後のコーナーに戻っている。

番組開始当初は「日本列島 当て物の旅」というタイトルで放送1回目は「ダーツ」、放送2回目は「おもちゃのボーガン」で日本地図に矢を放って行き先の村や町を決めていたが放送1回目のダーツが好評で、なおかつ所の得意技であったことから放送3回目以降は現在のタイトルである「日本列島 ダーツの旅」となり、必ずダーツで行き先を決定することとなった(過去に所自身がダーツの旅に出かける回もあったほか、スペシャルでは所が行くのが恒例になっている)。

年末(2002年までは翌年1月、および7月)には、その年に取材した村(町)人で一番面白かった人を決める「村人グランプリ」が開催される。

2004年以降の年末SPでは明石家さんまを特別ゲストに迎えて、「村人グランプリ」を決めている。

なお2007年11月は久々に6人のゲストによっての審査となり(その時は特別審査委員として泉ピン子が2票持つことになった)、さんまがゲスト時はこれとは別に過去すべての村人からのグランプリを決めるグランドチャンピオン大会として放送された。

基本的には面白い人がグランプリに選ばれるが、廃線となった下北交通大畑線の車両を復活させた感動話がグランプリになったこともある。

引用元:1億人の大質問!?笑ってコラえて! – Wikipedia

ダーツの旅はほんと面白い!何回も観ちゃうくらい。

ある意味では大正解を言ってしまう子供

テレビ番組の企画、ダーツの旅の中で街中のちびっこたちにこんな質問をしました。

番組が期待したのはゲームとかアニメとかソノホカその地方ではやっている独特の遊びを期待していました。

しかし、子供たちが答えたのはこんな回答でした。

スタッフ「今 学校で何が流行ってますか?」

子供達『インフルエンザ』

スポンサードリンク

ネットの反応

スポンサードリンク

いかがでしたか?

素直な答えでしたね!

大人だとこんな素直な答えは出てきませんね!!

出典元:twitter

(Twitterの埋め込み機能を使って掲載しております。)

おすすめ動画

「日常まんが動画」のチャンネル登録はこちらです(*‘ω‘ *)

http://www.youtube.com/

【※ちょっとひといき漫画動画Part13】【※妻の秘密】嫁「お、おかえり。早かったね(震え声」俺「(何か変だな…)」→リビングに直行したら、嫁「あーー!まだだめ!」Part13【マンガ動画】

【※ちょっとひといき漫画動画Part12】【※スカッと】電車の優先席で。おばさん「ここは年寄りのための席なんだから代わって!」妊婦「気分が悪いので…」おばさん「妊娠したのはアンタの勝手でしょ!」すると・・・Part12【マンガ動画】

【※ちょっとひといき漫画動画Part11】【※貴重な体験談】迷子になって泣いている子を見つけた俺「お母さんは?」迷子「えーんえーん」勘違いされる事も覚悟の上で、その子を抱き上げたら・・・Part11【マンガ動画】




スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない場合コメントができませんのでご注意ください。