『神戸新聞が明石市長の騒動の真相を公開』メディアがカットした部分が明らかに・・この市長の印象がかなり変わった!


スポンサードリンク


画像出典:twitter

『神戸新聞が明石市長の騒動の真相を公開』メディアの報道は1部を切り取ったものだった・・・

皆さんはこちらの報道をどう思いましたでしょうか?

兵庫県明石市の泉房穂市長(55)が2017年6月、道路の拡幅事業で立ち退き交渉を担当する職員に対して吐いた暴言が一斉に報じられ話題となっています。

「火つけてこい」などとの暴言を聞き、このような人が市長には相応しくないと思った方も多いのではないでしょうか。

しかし、暴言音声には公開されていない部分がり、地元紙である神戸新聞が、新聞・テレビが報じていない市長の発言を公開しました。

暴言は許されない内容でしたが、全文を見ると見方が変わると話題となっています。

スポンサードリンク

泉房穂市長とは?

泉 房穂(いずみ ふさほ、1963年8月19日 – )は、日本の弁護士、社会福祉士。兵庫県明石市長(2期)。元衆議院議員(1期)。

明石市長としては、中学生までのこども医療費の無料化、犯罪被害者等支援条例、離婚後のこども養育支援、法テラス窓口を市役所内に全国で初めて設置した他、特色ある施策を進めた。

減少傾向にあった明石市人口が、2013年より増加に転じている。2015年3月全国で初めて「手話言語・障害者コミュニケーション条例」を制定。

「障害者に対する配慮を促進し誰もが安心して暮らせる共生のまちづくり条例」の制定、知的・精神障がい者など門戸を広げた市職員の採用試験を実施した、無戸籍者に対するサポート事業、第二子以降の保育料無料化、離婚後のこども養育支援(養育費や面会交流についての取り決め)などの施策を行った。

引用元:泉房穂 – Wikipedia

”多くのメディアが伝えなかった部分”を掲載した神戸新聞

スポンサードリンク

ネットの反応

スポンサードリンク

スポンサードリンク

いかがでしたか?

一部の報道内容では判断がつきませんね。

皆さんはどう思いましたでしょうか?

出典元:twitter

(Twitterの埋め込み機能を使って掲載しております。)

おすすめ動画

「日常まんが動画」のチャンネル登録はこちらです(*‘ω‘ *)

http://www.youtube.com/

【※ちょっとひといき漫画動画Part11】【※貴重な体験談】迷子になって泣いている子を見つけた俺「お母さんは?」迷子「えーんえーん」勘違いされる事も覚悟の上で、その子を抱き上げたら・・・Part11【マンガ動画】

【※ちょっとひといき漫画動画Part10】【※あまりにも衝撃的な真実!】気になっていた同じアパートの綺麗なお姉さん。その後聞かされた衝撃の事実とは・・・ Part10【マンガ動画】




スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない場合コメントができませんのでご注意ください。