『28年前の台本』を持って、声優のサイン会に現れたファン・・・直後、予想外の出来事が!


スポンサードリンク


画像出典:twitter

『28年前の台本』を持って、声優のサイン会に現れたファン・・・直後、予想外の出来事が!

今回紹介するのは、2016年に行われたサイン会での出来事です。

アニメ『機動戦士ガンダム』のアムロ・レイ役を務めたことで知られる古谷徹(@torushome)さんのサイン会が行われた日のこと。

とあるファンの方がサインをもらうべく、88年の劇場公開作品『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』の台本を持参して訪れました。

28年前の台本など、それだけでも非常に貴重。

ましてや古谷さんのサイン入りともなれば、一生の宝物となるはずです!

しかし、彼は・・・

早速ご覧ください!

古谷徹さんとは?

古谷 徹(ふるや とおる、1953年7月31日 – )は、日本の声優、俳優、ナレーターである。青二プロダクション所属。

横浜市磯子区生。関東学院六浦高等学校、明治学院大学経済学部商学科卒業。身長162cm、体重55kg。血液型はA型。

別名義に蒼月 昇(そうげつ のぼる)がある(後述)。

代表作に『巨人の星』(星飛雄馬)、『機動戦士ガンダム』(アムロ・レイ)、『ドラゴンボール』(ヤムチャ)、『聖闘士星矢』(ペガサス星矢)、『美少女戦士セーラームーン』(地場衛 / タキシード仮面)、『機動戦士ガンダム00』(リボンズ・アルマーク、ナレーション)、『名探偵コナン』(安室透)、『ONE PIECE』(サボ)等がある。

引用元:古谷徹 – Wikipedia

スポンサードリンク

28年前の台本を持参したファン

スポンサードリンク

ネットの反応

スポンサードリンク

いかがでしたか?

感動した古谷さんは、その場にいた方に色紙を用意してもらい、しっかりとサインを書いて手渡したとのことです。

憧れの人に「決して忘れません!」と言われるような経験は、どんなグッズより貴重かもしれませんね!

素敵なエピソードでしたね。

出典元:twitter

(Twitterの埋め込み機能を使って掲載しております。)

おすすめ動画

「日常まんが動画」のチャンネル登録はこちらです(*‘ω‘ *)

http://www.youtube.com/

【※ちょっとひといき漫画動画Part13】【※妻の秘密】嫁「お、おかえり。早かったね(震え声」俺「(何か変だな…)」→リビングに直行したら、嫁「あーー!まだだめ!」Part13【マンガ動画】

【※ちょっとひといき漫画動画Part12】【※スカッと】電車の優先席で。おばさん「ここは年寄りのための席なんだから代わって!」妊婦「気分が悪いので…」おばさん「妊娠したのはアンタの勝手でしょ!」すると・・・Part12【マンガ動画】

【※ちょっとひといき漫画動画Part11】【※貴重な体験談】迷子になって泣いている子を見つけた俺「お母さんは?」迷子「えーんえーん」勘違いされる事も覚悟の上で、その子を抱き上げたら・・・Part11【マンガ動画】




スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない場合コメントができませんのでご注意ください。