【※あなたはどう思いますか?】『間違えて女性専用車両に乗った男性に「降りろ!」と詰め寄るオバサン』隣にいたOLの一言で黙ることに・・・


スポンサードリンク


『間違えて女性専用車両に乗った男性に「降りろ!」と詰め寄るオバサン』隣にいたOLの一言で黙ることに・・・

人間誰でも、1度や2度の間違いやミスは犯すものです。

それは、仕方のないことですね。

何も失敗しない完璧な人間などは存在しないはずです。

しかし今のストレス社会には神経過敏な人もいて、

必要以上に他人のミスを攻め立てることも多いようです。

子どもの通う学校で教師に文句を言う親、駅のホームで駅員に食ってかかる乗客など、

世の中総クレーマー時代と呼んでも言い過ぎではないような気がします。

そんなクレーマーに出会ってしまったら災難ですね。

今回ご紹介するのは、そんなクレーマーに出会ってしまった男性のお話です。

スポンサードリンク

それは、いつも利用する通勤電車内で起こりました。

ある日、遅刻寸前で急いでいた男性はうっかり女性専用車両に乗り込んでしまったのです。

そんな女性専用車両の認知が進んだ一方、女性専用車両の設定は各社・各路線ごとに異なるため、間違って乗ってしまう男性もいるのです・・・

うっかり女性車両に乗り込んでしまった男性

男性は遅刻寸前で、ダッシュで電車に乗り込みました。

すると急いでいたあまり、うっかり女性専用車両に乗ってしまったのです・・・

慌てていたので階段から一番近い車両に乗ったのですが、

それが運が悪く、女性専用車両だったのです。

女性ばかりの電車の中混んでいるので移動もできず、

気まずいなか、下を向いて次の駅に着くのを待っていました。

すると1人のおばさんが、

その男性に黙っていることができず、大声を出しました・・・

スポンサードリンク

「あんた、わざわざ女性専用車両に乗ったでしょ。

恥ずかしくないの!?降りろ。」

おばさんの大きな声で周囲の目を引くことになってしまいました。

「すみません。急いでて間違っちゃって・・・。」

気まずそうに言う男性に、おばさんは追い討ちをかけるようにさらに続けました。

「ホンット、気持ち悪い。電車乗れなくなるわ。」

周囲の視線が男性を刺すように見ています。

男性は扉の方を向き、ただじっと耐えていました。

しかし、それでもまだおばさんは男性を責めるのを止めません。

その時、一人の女性が話しかけてきました!

OL女性が放った言葉とは!?

横にいた一人のOL女性がそのおばさんに話しかけてきました。

「間違ったと言ってますし、もう責めるのやめませんか?

彼も、今移動したくても出来ない状態な訳ですし・・・」

女性は男性をかばいましたが、よほど腹が立っているのかおばさんは、OL女性にも言い返します。

「女性専用車両よ。犯罪じゃないこういうの。気持ち悪くて無理だわ。」

すると女性は、すかさずおばさんにこう言いました。

スポンサードリンク

「犯罪行為じゃありません。

女性専用車両って書いてあっても法律的には男性も乗って大丈夫なんです。

でも、協力してくださいって鉄道会社が言って男性も協力してくれているだけです。」

これにはオバサンも言葉を失ってしまいました。

法律的には男性が乗車しても何ら問題はないのです。

そして女性は男性の気持ちになってこうも言いました。

「あなたのせいで可哀想ですよ、この男性が」

女性が最後にこういって無事騒ぎは収まり、男性はOL女性に、

「すみませんでした。本当にありがとうございました」

と言って次の駅で降りて行きました。

女性専用車両について誤解も多くあります。

「女性専用車両は、小学生以下の男の子、

お身体の不自由な方とその介助者の男性もご乗車いただけます。」

と書いている鉄道会社もあるように、一切の男性の乗車を排除する車両ではありません。

女性専用車両といっても、法律上は男性が乗っても良いのです。

しかし、ほとんどの男性は鉄道会社に協力して女性専用車両を避けて乗車しています。

もちろん、駅員の制止も聞かずにわざと女性専用車両に乗り込む男性は

責められても仕方がないかもしれません。

ですが、間違えて乗ってしまった人にまでどこまでも責め続けるのはどうでしょう。

女性専用車両というのは「思いやり」からスタートしたものなのだと考えられます。

スポンサードリンク

ネットの反応

・女性専用車両だけがガラガラだと女性優遇過ぎると思うわ

・女子トイレ混んでるからって男子トイレ入ってくる方が犯罪

・「あえて」乗ってくる人達は責め立てられてもしょうがない

・男性専用車両作ってくれよ

いかがでしたか?

あくまで女性専用車両は「利用者のご理解とご協力のもとで成り立っている」ものなのですね。

女性を守るという思いやり、それに加えて冤罪から男性を守るという意味もあるように思います。

そんな思いやりから生まれたものなら、このOL女性のようにその人の立場に立って

物事を考えて行動できるような思いやりが大切だと思いますね。

出典元:youtube

おすすめ動画チャンネル

二つの漫画チャンネルをご紹介!

まんが生活動画

「まんが生活動画」のチャンネル登録はこちらです(*‘ω‘ *)

http://www.youtube.com/

【※なぜ怒る?】観光施設内の喫茶店のバイトでの出来事・・・子連れの家族の父親に『ソフトクリーム』と言われ外の販売店を案内するもなぜか激怒される・・・なぜ??Part4【マンガ動画】

【※忘れてたよね?】コーヒー1杯で25分待たされ、忘れてるんだと思って声をかけると「今作ってます!」持ってきた時の店員はマニュアル通り「ごゆっくりどうぞ」Part3【マンガ動画】

【※信じられない光景が・・・】お世話になった駐車場の管理人さんにお礼を言うと出向いて行ったら、信じられない光景が・・・Part2【マンガ動画】

まんが生活動画

「日常まんが動画」のチャンネル登録はこちらです(*‘ω‘ *)

http://www.youtube.com/

【※一流ホテルのバイキングで】お金持ちそうな奥様を横目に祖父が「私たちは田舎者なので美味しいものを下さい」すると・・・Part54【マンガ動画】

【※強面でいつも不機嫌そうな父】そんな父のもう一つの顔を知ってしまった・・・Part53【マンガ動画】

【※リードをつけたままウロウロしている柴犬】どこかに誘導しようとしているように見えたので後をついて行くと・・・なんと!Part52【マンガ動画】




スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない場合コメントができませんのでご注意ください。