『ペットボトルの牛乳が販売されない理由』意外と知られていない理由が話題に


スポンサードリンク


『ペットボトルの牛乳が販売されない理由』意外と知られていない理由が話題に

今回紹介するのは、ペットボトルの牛乳が販売されない理由についてです。

ぜひご覧ください。

スポンサードリンク

ペットボトルの牛乳が販売されない理由

日本では当たり前になったペットボトル飲料。

今では沢山の種類が販売されています。

それなのに子供の頃から身近にある牛乳はペットボトルで販売されていません。

なぜ牛乳がペットボトルで流通しないのでしょうか?

そこには意外な理由がありました。

結論から言うと・・・

ペットボトルの牛乳が販売されない理由は衛生面とコストです。

法律的にはどうなのかと言うと1951年の省令で瓶と紙のみで販売するようにとペットボトル販売を禁止していたのですが実は2007年10月、業界団体の強い働きかけにより牛乳のペットボトル販売は許可されるようになりました。

つまり、現在牛乳のペットボトル販売は法律上可能なのです。

しかし、法律が改正されてから10年以上経っているのにペットボトル入りの牛乳が販売されていないのは不思議ですが衛生面とコストという明確な理由があります。

スポンサードリンク

衛生面

牛乳は豊富な栄養を含んでいます。

栄養価が高いということは雑菌が繁殖するリスクが高いということでもあります。

ペットボトルの場合、一度開封し、直接口をつけて飲むとその時から雑菌が繁殖し始めます。

瓶入りの場合も直接口をつけて飲みますが瓶入りの場合は持ち運んだり、何度も蓋をしての見かけを保存するようなことはしませんよね。

また、牛乳は10度以下で保存しなければなりません。

雑菌が増殖する条件は「温度」、「水分」、「栄養」の3つで時間が経つと雑菌が増殖します。

ペットボトルの牛乳だと見事にこの条件が全て揃ってしまうのです。

そうなるとメーカー側は食中毒などのリスクも今まで以上に負うことになってしまいます。

このように持ち歩ける利便性を兼ね備えたペットボトルは牛乳には不向きということになるのです。

コスト

もう一つの大きな問題点はペットボトルに牛乳を充填する設備を導入するのに莫大なコストがかかることです。

ペットボトルの製造ラインを作るのに8〜10億円かかるらしく、牛乳の価格にもそのコストは反映され、通常の牛乳の1.5倍〜3倍くらいの値段になるそうです。

そうなると消費者はわざわざ値段の高いペットボトルの牛乳を買う可能性は低いでしょう。

そう考えるとメーカー側としてもペットボトルの牛乳を作るメリットはあまりないのです。

ペットボトルの牛乳は技術的にも法律的にも作れることは作れますが莫大なコストがかかるだけで誰も得をしないようですしそもそも消費者のニーズもさほど多くないことから現時点で販売しているメーカーはないというのが真相のようです。

スポンサードリンク

いかがでしたか?

ペットボトルの牛乳がない理由ってこういう事だったんですね!

出典元:youtube

(youtubeの埋め込み機能を使って掲載しております。)




スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない場合コメントができませんのでご注意ください。