母が終活中に『棺に入れて』と封筒を渡してきた・・・こっそり中を見て、驚いた!!


スポンサードリンク


母が終活中に『棺に入れて』と封筒を渡してきた・・・こっそり中を見て、驚いた!!

今回紹介するのは、ある人物の「母の終活」をめぐるお話です。

ぜひご覧ください。

スポンサードリンク

最近終活を意識し始めた母から・・・

お盆に帰省した際、最近終活を意識し始めた母から・・・

「遺影にはこの写真を、お棺にはこの写真を入れてほしい」そう言って封筒を渡された。

そして母が寝た後、妹とこっそり封筒を開けて中を覗いた。

ちゃんとした撮影スタジオで撮ったと思しき母の写真はともかく・・・

もう1枚は、20代前半くらいの母がイケメン男性と腕を組んでいる写真。

妹と「えっ、誰これ」「誰?!」とプチパニック起こしつつも、母に聞くのは気がとがめるし、父は鬼籍。

ひとまず私が封筒を預かって、各々帰宅することとなった。

イケメン男性の正体

やっぱり気になるのでと妹と揃ってまた帰省して、イケメン男性のことを問うたら…

なんと父だった・・・

父は写真が嫌い

父は写真が嫌い。

私たちが子どもの頃も撮る側ばかりで若い頃の写真がない。

結婚式も披露宴も貧乏だからと行わず、若く結婚したけど長女の私が生まれたときには、すでに30を過ぎていた。

だから私の記憶にある父は40を過ぎたくらいの姿で、写真のイケメン男性の面影なんてこれぽっちもなかった。

「お父さんと結婚した時、(母方の)従姉妹たちが大騒ぎするくらいかっこよかったのよー」

そう言ってノロケられたけど…

お母さん、どうやったら岡田准一が西田敏行に変貌するのか、私にはわかりません。

-終わり-

いかがでしたか?

自分の両親や祖父祖母の若いころの写真を見ると『おおお!!』ってなりますもんね(^_^)/

こっそり写真を入れているお母さん素敵ですね。

ほっこりするお話でしたね。

出典元:open2ch




スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない場合コメントができませんのでご注意ください。