試合後、握手せずに走り去ったテニス選手。呆然と立ち尽くす対戦相手・・・マナー違反かと思いきや?すると、間もなく・・・(動画)


スポンサードリンク


試合後、握手せずに走り去ったテニス選手。呆然と立ち尽くす対戦相手・・・マナー違反かと思いきや?すると、間もなく・・・

今回紹介するのは、男子テニスの試合における一幕です。

通常は試合終了後、すぐに両者が近寄り、握手やハグを交わすのですが・・・

負けてしまったドゥディ・セラ選手が、何を思ったか、どこかへ走り去ってしまいます。

呆然と立ち尽くす対戦相手のイボ・カロビッチ選手。

すると・・・

ぜひ動画をご覧ください。

スポンサードリンク

マナー違反かと思いきや・・・

1脚のイスを持ってきました。

彼の意図を理解したカロビッチ選手も、笑顔を浮かべています(*^_^*)

同じ背丈になった2人は、しっかりとハグを交わしました。

身長211cmのカロビッチ選手に対し、身長175cmのセラ選手。

36cmもの差を埋めるため、戦い方のみならず、こうした部分でも事前に対策を練っていたようですね。

スポンサードリンク

ネットの反応

・テニスは最高です!!

・ラケットを置き、両手でハグに応じたカロビッチ選手も素晴らしい

・セラ選手は相手だけじゃなく、観客も喜ばせようとしてくれたんだね

・素晴らしいスポーツマンシップだ

いかがでしたか?

ほっこりする一幕でしたね。

皆さんはどう思いましたでしょうか?

もしよろしければ、ご意見ご感想よろしくお願いいたしますm(_ _)m

出典元:youtube

(youtubeの埋め込み機能を使って掲載しております。)




スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない場合コメントができませんのでご注意ください。