イチロー選手『私の経歴を振り返り、もし誇れることがあるとすれば・・・』(動画)


スポンサードリンク


イチロー選手『私の経歴を振り返り、もし誇れることがあるとすれば・・・』(動画)

2019年3月21日をもって現役を引退したイチローさん。

今月9月14日にマリナーズに功績を残した人物に贈られる『フランチャイズ・アチーブメント賞』の授賞式に参加されました。

今回紹介するのは、その授賞式でのイチローさんのスピーチです。

ぜひご覧ください。

イチロー選手『私の経歴を振り返り、もし誇れることがあるとすれば・・・』

スポンサードリンク

スピーチの翻訳

ありがとう。とても緊張しています。では、始めますか。ディー(ゴードン)、雄星(菊池)、今夜は泣くなよ!

これは幸せな機会です。東京で引退した夜、シアトルの素晴らしいファンがそこにはいなかったので、私は不完全な気持ちでもありました。

今夜は何年も温かくサポートしてくださったファンのみなさんへ、感謝の気持ちを伝えたいと思います。

2001年にシアトルへ来た当時、それまで日本から来た野手はいませんでした。27歳の私は小柄で細く、そして無名でした。

私を受け入れられない理由もたくさんあったと思いますが、みなさんは両手を広げて歓迎してくれました。そしてその歓迎が止むことはありませんでした。私が1度シアトルを去り、戻ってきた時でさえも。

2018年に戻る機会をいただいたことに感謝の気持ちでいっぱいでした。なぜならファンのみなさんがいたからです。ありがとう、シアトル。

また、ニューヨーク、マイアミ、そしてビジターの選手でも応援してくれた全米のファンたちにも感謝します。

野球はアメリカの国民的娯楽です。私は野球を愛し、野球を尊敬するみなさんの前でプレーできてとても幸せでした。

偉大なライバルたちとも野球がプレーできて、光栄でした。彼らは私の野球をより高いレベルに引き上げてくれました。

現在は若くて才能があり、将来このチームを優勝へ導いてくれる選手たちとすごせることを楽しく思っています。

言語、文化の違い、20歳もの年齢差があることはいうまでもありませんが、彼らと一緒にいることを楽しんでいます。なぜなら、彼らの野球への情熱が本物だと感じられるからです。

私の経歴を振り返り、もし誇れることがあるとすれば、2001年の初日から2019年の最後の日まで、日々挑戦し続け、毎日同じ情熱を持ち続けられたことです。

シーズンも佳境に入り、すべての選手に覚えていてほしいことは、「プロフェッショナルとは何か」ということです。

シーズン最後の日々は、初日からそれ以降の日々と同じくらい重要です。

毎日、同じ情熱を持って自分のすべきことをすることが必要です。それが自分のパフォーマンスにつながり、この特別なスポーツを楽しみにしているファンのみなさんへの素晴らしい贈り物になるはずです。

シアトル・マリナーズのみなさん、私は自分が愛する街で、愛する野球をプレーできる機会を与えてくださったことを永遠に感謝します。そして常に私をサポートしてくれた家族にも感謝します。

さあ、プレーボールです!

ネットの反応

スポンサードリンク

いかがでしたか?

偉大な選手の言葉は心にしみわたりますね(*^_^*)

とても元気が出ました!

皆さんはどう思いましたでしょうか?

もしよろしければ、ご意見ご感想よろしくお願いいたしますm(_ _)m

出典元:twitter

(Twitterの埋め込み機能を使って掲載しております。)




スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない場合コメントができませんのでご注意ください。