【※台風15号】『千葉県の災害時非常用発電機が倉庫に残され半数以上が未使用な事が判明』宝の持ち腐れだと話題(動画)


スポンサードリンク


『千葉県の災害時非常用発電機が倉庫に残され半数以上が未使用な事が判明』宝の持ち腐れだと話題(動画)

今回紹介するのは、『千葉県の災害時非常用発電機が倉庫に残され半数以上が未使用な事が判明』宝の持ち腐れだという話題です。

ぜひ報道の動画をご覧ください。

千葉県の災害時非常用発電機が倉庫に残され半数以上が未使用な事が判明

2019年9月8日、9日に東日本を襲った台風15号の影響で停電した千葉県。

千葉県は災害に備え、防災倉庫に非常用発電機を用意していましたが、その半数以上が使われず倉庫に眠ったままになっていたことが発覚・・・。

使わなかった理由があるのでしょうか?

スポンサードリンク

千葉県は災害に備えて、市原市など県内10カ所の防災倉庫に非常用の発電機468台を備蓄しています。

そのうち約200台は停電した信号機を動かすため、警察に貸し出されましたが、残りの約260台は使われていないということです。

県の災害対策本部は市町村から要請があれば貸し出すことにしていますが、要請は千葉県鋸南町など2つにとどまっています。

県は「市町村が用意している発電機で足りていた可能性もある」「各自治体にはこの発電機を必要に応じて活用してもらいたい」とコメントしています。

ネットの反応

スポンサードリンク

いかがでしたか?

皆さんはどう思いましたでしょうか?

もしよろしければ、ご意見ご感想よろしくお願いいたしますm(_ _)m

出典元:twitter

(Twitterの埋め込み機能を使って掲載しております。)




スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない場合コメントができませんのでご注意ください。