この世を去った父の戸籍を見たら・・・『昭和の壮絶な現実』を知って言葉を失った


スポンサードリンク


この世を去った父の戸籍を見たら・・・『昭和の壮絶な現実』を知って言葉を失った

今回紹介するのは、ケイ (@anagumakari)さんがTwitterに投稿した父親がこの世を去った際に手続きのために取り寄せた戸籍を見た時の出来事です。

ぜひご覧ください。

『昭和の壮絶な現実』を知って言葉を失った

たった2年の間に、身内を6人も失ったなんて・・・( ;∀;)

今では考えられないような、壮絶な苦労があったのですね。

スポンサードリンク

「当たり前の命」など存在しない

スポンサードリンク

ネットの反応

スポンサードリンク

いかがでしたか?

今私たちが生きているのも、この時代を乗り越えた祖父や祖母、父や母のおかげなんだと実感するお話でしたね。

改めて、生きている事に感謝する気持ちを忘れてはいけないなと思いました。

皆さんはどう思いましたでしょうか?

もしよろしければ、ご意見ご感想よろしくお願いいたしますm(_ _)m

出典元:twitter

(Twitterの埋め込み機能を使って掲載しております。)




スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない場合コメントができませんのでご注意ください。