絶滅を回避できる!?近畿大学水産増殖学研究室が『近大マグロ』に続いて『近大ウナギ』の完全養殖に成功!(動画)


スポンサードリンク


絶滅を回避できる!?近畿大学水産増殖学研究室が『近大マグロ』に続いて『近大ウナギ』の完全養殖に成功!(動画)

今回紹介するのは、浦神実験場公式ツイッター(@uragami114)さんがTwitterに投稿した話題です。

ぜひご覧ください。

近畿大学水産増殖学研究室が『近大マグロ』に続いて『近大ウナギ』の完全養殖に成功

スポンサードリンク

近畿大学はニホンウナギの人工孵化(ふか)に成功し、稚魚の飼育期間が50日を超えたと発表しました。ニホンウナギは養殖に使う稚魚の激減が大きな問題になっていますが、その生態に謎が多く、特に稚魚の時期の飼育は非常に難しいとされています。近畿大学では独自の餌(えさ)のやり方などで稚魚を育てていて、早ければ来年の春にも養殖が可能な大きさにまで成長するということです。近畿大学はクロマグロの養殖で知られますが、ニホンウナギの完全養殖が実現するのに「あと少なくとも4年はかかる」としています。

ネットの反応

スポンサードリンク

スポンサードリンク

いかがでしたか?

素晴らしい技術ですね(#^^#)

皆さんはどう思いましたでしょうか?

もしよろしければ、ご意見ご感想よろしくお願いいたしますm(_ _)m

出典元:twitter

(Twitterの埋め込み機能を使って掲載しております。)




スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない場合コメントができませんのでご注意ください。