首里城火災「出火原因は特定できなかった」消防が調査を終了


スポンサードリンク


首里城火災「出火原因は特定できなかった」消防が調査を終了

縄県那覇市首里当蔵町の首里城正殿など8棟が焼失した火災で、那覇市消防局は6日、会見を開き、「出火原因は特定できなかった」と発表しました。

今回紹介するのは、首里城火災に関する調査結果の話題です。

県警はこれまで放火などの事件性はないと判断している

こちらは、琉球新報の報道一部分となります。

調査の結果出火原因は「不明」となっていますね。

沖縄県那覇市首里当蔵町の首里城正殿など8棟が焼失した火災で、那覇市消防局は6日、会見を開き、「出火原因は特定できなかった」と発表した。

目撃者や防犯カメラの情報から正殿北側を火元とみて焼け跡から痕跡を探したが、原因特定につながる有力な物証が見つからなかったとした。

県警はこれまで放火などの事件性はないと判断している。

2020年3月6日 17:01 https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1085938.html

出火原因が「不明」なままで再建するのでしょうか?

今後が気になりますね(^_^)

スポンサードリンク

ネットの反応

スポンサードリンク

・もう石造りにしようぜ

・不明ってことは次も燃えるってことだ。再建しない方がいい

いかがでしたか?

沖縄県知事の国への報告や説明などはあるのでしょうか?

また、原因不明のままで再建するのでしょうか?

原因がわからないとまた発生してしまう可能性があるのでちょっと心配ですので、木造をやめて石造りやコンクリートなども方法としてはありかもしれませんね。

皆様はどう思われましたでしょうか?

もしよろしければ、ご意見ご感想よろしくお願いいたしますm(_ _)m

出典元:twitter

(Twitterの埋め込み機能を使って掲載しております。)




スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない場合コメントができませんのでご注意ください。