【※野党やマスコミは罪深い】長谷川幸洋氏「無関係な黒川人事と検察庁法改正で騒ぐ左派… 無垢な著名人を操った野党やマスコミは罪深い」が話題


スポンサードリンク


長谷川幸洋氏「無関係な黒川人事と検察庁法改正で騒ぐ左派… 無垢な著名人を操った野党やマスコミは罪深い」が話題

現在、政府が通常国会に提出している『検察庁法改正案』について、野党や左派マスコミが反対していますよね?

今回紹介するのは、長谷川幸洋氏の『検察庁法改正案』に関する野党とマスコミの問題についての話題です。

ぜひご覧ください。

長谷川幸洋氏「無関係な黒川人事と検察庁法改正で騒ぐ左派… 無垢な著名人を操った野党やマスコミは罪深い」

政府が通常国会に提出している検察庁法改正案について、野党や左派マスコミが反対している。彼らが「中立公正であるべき検察に対する政府の介入だ」などと叫んだので、先週末、いわゆる「著名人」もツイッターで反対の声を上げる騒ぎになった。

だが、彼らは何か勘違いしているのではないか。というより、「ためにする」議論とはこのことだ。

そもそも、この話は検察庁法だけを改正するのではない。自衛隊員や会計検査院検査官も含めて、国家公務員全体の定年延長や待遇改善のために、多くの関係法改正案がまとめて提出されている。

なぜ、国家公務員の定年を延長するのか、と言えば、民間と同じく年金支給開始年齢が引き上げられるからだ。

検察官だけ定年延長しないとなったら、彼らだって労働者なのだから、怒るだろう。それはともかく、左派が騒いでいるのは、次のような理屈であるらしい。夕刊フジ

スポンサードリンク

ネットの反応

スポンサードリンク

いかがでしたか?

皆様はどう思われましたでしょうか?

もしよろしければ、ご意見ご感想よろしくお願いいたしますm(_ _)m

出典元:twitter

(Twitterの埋め込み機能を使って掲載しております。)




スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない場合コメントができませんのでご注意ください。