【※奇跡の実話】『植物状態の娘が4年ぶりに目を覚ました』後に呟いた一言とは・・・?


スポンサードリンク


奇跡の実話『植物状態の娘が4年ぶりに目を覚ました』後に呟いた一言とは・・・?

今回紹介するのはある女性の奇跡の実話です。

11歳の頃に突然昏睡状態に陥り、植物状態になってしまったひとりの少女がいました。

しかし、4年ぶりに奇跡的に目を覚ますことになるのですが、少女が4年ぶりに呟いた一言が話題になっていますので、ここで紹介していきます。

スポンサードリンク

11歳の頃に突然昏睡状態になります

アメリカに住む少女は、1994年に3つ子の1人として生まれました。

しかし彼女に悲劇が襲います。

11歳の頃に、風邪と肺炎を引き起こし、突然昏睡状態に陥ってしまいます。さらのその2週間後、腰が麻痺しはじめ、それから植物状態に陥ってしまいました。

そのため、少女にはチューブで流動食を与えるしかなかったのです。

医者は、少女はおそらくこのまま回復することはないだろう、と両親に話しました。

昏睡状態から2年後・・・

しかし、植物状態に陥ってから2年後、少女に回復の兆しがあらわれます。

彼女は眠りながらも、周りの話していることが理解できるほど回復していたのですが、少女はいまだ身体を起こすことができなかったため、誰も少女が回復していることを分からないままでいました。

しかし、2009年12月、ついに奇跡が起こります。

彼女が目を覚ましたのでした。その後は少しずつ指を動かすこともでき、時間が経つにつれ、手全体を動かすことも可能になりました。

ついに話すこともできるようになったのです。

彼女は自身でプリンを食べ始め、4年後にはステーキまで食べられるように。さらにスマホも握れるようになりました。

目を覚ました彼女が呟いた一言とは?

そんな少女はついに言葉も話せるようになりました。彼女は目を覚ました後、このように発したのです。

「パパとママは私を信じてくれた」

少女は「私が植物状態になっても、両親はいつも私のことを信じてくれた。私は眠っていたけれど、家族の話していることが理解できたんです。誰もそれに気づいてなかっただろうけど」と明かしました。

奇跡は続きます

そんな回復の兆しを見せた少女ですが、いまだできないことがありました。

それは足を動かすことです。少女は脳と脊髄に損傷がみられたため、下半身不随の状態で暮らさなければならない、と医師に言われました。

そのため、車いす生活を余儀なくされたのですが、少女そして少女の兄は考えが違いました。幼い頃から水泳を習っていた少女は、植物状態から目を覚ました後、当初は水に入ることを怖がりましたが、水泳を習っていた時の感覚を徐々に取り戻します。

それからというものの、彼女は人気スターの仲間入りとなるのです。

少女は17歳になった2012年の夏、ついにパラリンピックのアメリカ代表に選ばれるのです。

そこで見事金メダル1個、銀メダル1個を獲得したのでした。

当時は多くのメディアが彼女のもとを訪れました。

スポンサードリンク

車いす生活からも脱却

しかし、少女はいまだ悩む問題が。それはまさに車いす生活です。

病院の専門家達は、彼女の歩行能力は絶望的だと考えていたのですが、彼女は諦めることはありませんでした。彼女は1日も休まず、毎日6時間リハビリに励むことになります。

すると少女は次第に足を動かせるようになるのです。

そして2016年、ついに彼女は両足を動かせるようになり、車いす生活からも脱却したのでした。

現在の彼女の活躍

彼女は自身の両足を見ながら「多くの努力が必要だったけど、その価値が十分あった」と語っています。

現在の彼女はパラリンピックの金メダリストであり、スポーツチャンネルのプログラムリーダーとして活躍しています。

スポンサードリンク

いかがでしたか?

奇跡的な回復だけでなく、この女性の努力も素晴らしいですよね!

これからも頑張ってほしいです。

出典元:youtube / esnoticia.co

(youtubeの埋め込み機能を使って掲載しております。)




スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない場合コメントができませんのでご注意ください。