【※泣ける実話】『道路の真ん中で仔犬が80日間座り続けている理由とは?』それを知った時、涙が止まりません


スポンサードリンク


『道路の真ん中で仔犬が80日間座り続けている理由とは?』それを知った時、涙が止まりません

今回紹介するのは、犬と人間の愛情の深さを目の当たりにしたお話です。

8月21日から道路の中央分離帯で座り続け、その場を離れない仔犬がいました。

仔犬は80日間同じ場所に居続けたというのですが、なぜ仔犬はそのような行動を取ったのでしょうか?

ぜひご覧ください。

スポンサードリンク

仔犬が道路の真ん中に座り続けていた理由とは?

11月13日、中国のとある仔犬は8月21日から道路の真ん中に居座るようになりました。

8月21日という日付は仔犬にとっては特別な日でした。

それは、仔犬の飼い主の命日です。

飼い主は交通事故で亡くなってしまいました。

しかし、仔犬は飼い主がこの世を去った事を知らず、当時事故が起こった現場で、今も飼い主が戻ってくることを待っているのです。

すでに80日が経過しても待ち続ける仔犬

これをかわいそうに思った地域住民はエサをあげようとしましたが、そう簡単にはいきませんでした。

仔犬はそのような人の手を拒絶し、人々が立ち去ると再び元の位置に戻り、その場に居座り続けます。

スポンサードリンク

これを知るタクシー運転手は・・・

「もう80日も同じ場所にいる。それだけ飼い主のことが大好きだったのかと」

と複雑な心境を述べています。

これに対し、地域のボランティア団体は

「飼い主の家族と連絡が取れなければ、仔犬を安全な場所に保護する」

と明かしています。

これを知ったネットユーザーからは「胸が痛くなる思いだ」との声がありました。

いかがでしたか?

飼い主の帰りを待つ仔犬の姿がとても悲しいですね。

もし事故がなければこの子は飼い主の愛情をいっぱい受けていたに違いありません。

仔犬が幸せになることを願っております。

もしよろしければ、記事へのご意見ご感想よろしくお願いいたしますm(_ _)m

出典元:youtube

(youtubeの埋め込み機能を使って掲載しております。)




スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない場合コメントができませんのでご注意ください。