【※原因が判明】『自動車の車内を二酸化炭素濃度測定器で測定!眠たくなる原因が判明!』その原因と対策をご覧ください


スポンサードリンク


画像出典:twitter

『自動車の車内を二酸化炭素濃度測定器で測定!眠たくなる原因が判明!』その原因と対策をご覧ください

運転中に眠たくなることってありますよね?

わたしは運転をしていると眠たくなることが多々あります。

今回紹介するのは『自動車の車内を二酸化炭素濃度測定器で測定』して眠たくなる原因と対策についてのツィートです。

スポンサードリンク

自作の二酸化炭素濃度の測定器を用意

2000ppmを超えると集中力の低下や眠気の誘発が起き、5000ppmを超えると時間次第で健康被害が出るとのこと。

4人乗車で、エアコンは内気循環で走行

出発後、値はぐんぐん上昇し、10分後には「集中力が低下する」レベルに。

なんと!30分で測定上限の5000ppmに到達!!

そりゃ眠たくもなりますよね!!

スポンサードリンク

外気導入を押したところ、15分で1600ppmまで低下しました。

『運転席の窓を5cm開けて走ったところ、2000ppmを下回りました。更に、左後ろの窓も開けて対角線に通風したところほぼ正常値に』

いかがでしたか?

運転中に『眠たくなったな~』って思ったら、

『運転席の窓を5cm開け、更に、左後ろの窓も開けて対角線に通風したところほぼ正常値』

になるそうです。

ぜひお試しください!

出典元:twitter
(Twitterの埋め込み機能を使って掲載しております。)




スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない場合コメントができませんのでご注意ください。