【※お医者さんも実践】お医者さんも実践しているインフルエンザの予防法『おいおい、もっと早く教えてくれよ・・・』と超話題


スポンサードリンク


お医者さんも実践しているインフルエンザの予防法『おいおい、もっと早く教えてくれよ・・・』と超話題

インフルエンザが猛威を振るう時期がやってきましたね。

インフルエンザが一度発症してしまうと、高熱が出て本当に辛い思いをしてしまいます。

そのため皆さんはかなり予防にも気を使っていることでしょう。

この度SNSなどで紹介されたインフルエンザの予防法が話題になっています。

なんでもお医者さん自身も実践しているという予防法らしいです。

スポンサードリンク

インフルエンザとは?

インフルエンザ(ラテン語: influenza)はインフルエンザウイルスによって引き起こされる急性感染症。

略称としてインフル(英語: flu)がある。

上気道炎症状・呼吸器疾患を伴うことで流行性感冒(りゅうこうせいかんぼう)、詰めて流感(りゅうかん)と言われる。

季節性インフルエンザには、A型、B型、C型の3種類があり、全ての年齢層に対して感染し、世界中で繰り返し流行している。

日本などの温帯では、季節性インフルエンザは冬季に毎年のように流行する。

通常、11月下旬から12月上旬頃に最初の発生、12月下旬に小ピーク。

学校が冬休みの間は小康状態で、翌年の1-3月頃にその数が増加しピークを迎えて4-5月には流行は収まるパターンであるが、冬季だけに流行する感染症では無く夏期にも流行することがある。

A型は平均相対湿度50%以下になると流行しやすくなると報告されている。

引用元:インフルエンザ – Wikipedia

動画をご覧ください

スポンサードリンク

知らなかった…!

ちなみに一度に飲む量は少量でいいそうです。

Twitterでの反応

スポンサードリンク

いかがでしたか?

のどが渇いた時は、必ずこまめに潤す。

流行のピークを迎えつつある今の時期、ぜひとも意識的に実践していきたいですね!

出典元:youtubetwitter

(Twitter・youtubeの埋め込み機能を使って掲載しております。)




スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない場合コメントができませんのでご注意ください。