【※箱根駅伝】箱根駅伝中継を『入社以来ずっと担当していた』が今年は外れるアナウンサーの”その後の姿”が素晴らしかった!


スポンサードリンク


画像出典:twitter

箱根駅伝中継を『入社以来ずっと担当していた』が今年は外れるアナウンサーの”その後の姿”が素晴らしかった!

日テレ・青木源太アナが入社以来実況を続けていた箱根駅伝を外れることになり、13年ぶりに自宅観戦しました。

自宅観戦する彼の怒涛の応援ツイートが話題です。

箱根駅伝に対する思いがこもったツィートをご覧ください。

スポンサードリンク

青木源太アナとは?

大阪府泉南郡岬町生まれ。転勤族で、幼少から神奈川県藤沢市、千葉県富里市、愛知県岡崎市、神奈川県横浜市(大学時代)と移り住む。

身長は181cm、血液型はO型である。

岡崎市立葵中学校、愛知県立岡崎高等学校卒業。慶應義塾大学文学部史学科西洋史学専攻を卒業後、2006年に日本テレビへ入社。同期に桝太一、葉山エレーヌ、松尾英里子(2012年退社)がいる。入社

後は情報番組からバラエティ、スポーツ実況まで幅広く担当してきた。

2012年9月14日放送の『スッキリ!!』で、大学の同級生である女性と結婚することを発表した。

2015年10月5日より『PON!』の司会者陣に参加。ビビる大木(月曜日から水曜日まで)、岡田圭右(木曜日と金曜日)とそれぞれコンビで司会を務める。

好きなアナウンサーランキングは、2016年9位、2017年3位。

引用元:青木源太 – Wikipedia

みかんを食べながら家のTVで見るのは13年ぶり

実況ツイートがスタート

スポンサードリンク

今回実況を担当する安藤翔アナへの労いと選手への労い

さすがすぎる『雑学』を披露

見どころも

スポンサードリンク

実際の実況さながら

スポンサードリンク

どんなポーズでフィニッシュテープを切るかも注目なぜなら・・・

箱根駅伝は、僕たちアナウンサーにとっての青春でもあるんです

スポンサードリンク

ネットの反応

いかがでしたか?

『箱根駅伝は、僕たちアナウンサーにとっての青春でもあるんです』という言葉からも想いがとても伝わりますよね。

これからもアナウンサー業を頑張ってほしいですね!!!!

出典元:twitter
(Twitterの埋め込み機能を使って掲載しております。)




スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない場合コメントができませんのでご注意ください。