冬の銀山温泉が美しすぎる件


スポンサードリンク


画像出典:twitter

冬の銀山温泉が美しすぎる件

今回紹介するのは、冬の銀山温泉。

冬になると雪が積もって何とも言えない空間になります。

是非ご覧ください。

スポンサードリンク

冬こそ銀山温泉が本気出す時

銀山温泉とは?

銀山温泉(ぎんざんおんせん)は、山形県尾花沢市(旧国出羽国、明治以降は羽前国)にある温泉。

NHK連続テレビ小説「おしん」の舞台となったことで一躍脚光を浴び、全国的にその名を知られることになった。

開湯は寛永年間に、かつてこの地にあった延沢銀山の鉱夫が銀山川の中に湧いている温泉を発見したことによる。

銀山は足利幕府時代の康正年間(15世紀)に開かれ、江戸時代の寛永期(17世紀前半)には人口20万から30万を数えるほど栄えたが、正保元年(17世紀中期)から銀採掘が衰退していき、替わって温泉湯治が盛んになっていった。

1689年に銀山が閉山した後に温泉宿が建てられはじめて湯治場として賑わったが、1913年の大洪水により温泉街は壊滅した。その後、地元財界の力で復興し、その時に現在の温泉街の光景が作られた。

1968年11月19日、国民保養温泉地に指定。奥州街道から10km以上の山奥にあるため長い間秘湯であったが、1983年のドラマ「おしん」のヒットにより全国的に認知された。

1986年に「銀山温泉家並保存条例」を制定して景観整備に努め、1995年度「やまがた景観デザイン賞」(山形経済同友会主催)を受賞した。

引用元:銀山温泉 – Wikipedia

スポンサードリンク

ネットの反応

いかがでしたか?

冬の銀山温泉も素敵ですね~(*‘ω‘ *)

銀山温泉の良さが写真で伝わってきました。

出典元:twitter

(Twitterの埋め込み機能を使って掲載しております。)




スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない場合コメントができませんのでご注意ください。