【※その発想はなかった】『価格はそのままにエビフライのエビを大きくしたのにお客さんに気付いてもらえない・・・』店長が考えた斬新すぎる作戦とは?


スポンサードリンク


『価格はそのままにエビフライのエビを大きくしたのにお客さんに気付いてもらえない・・・』店長が考えた斬新すぎる作戦とは?

皆さんはサクッサクの衣の中にプリップリのエビが入ったエビフライ好きですか?

おそらくタルタル派かソース派か意見が分かれるところではありますが、好きだという方は多いかと思います。

今回ご紹介するのは、奈良にあるとんかつ屋さん、とんかつ屋まるかつさん(@奈良@marukatsunara)の投稿です。

なんと!こちらの店では

『お客さんに少しでも喜んでもらおうと、お値段そのままでエビフライのエビを従来のものより大きくした』

そうです。

しかし、残念ながらエビを大きくしたことをお客さんから気付いてもらえなかったそうです。

なんとかこのことをお客さんに伝えたいと思った店長が取った行動が斬新でした!!

エビフライとは?

エビフライ(海老フライ)は、海老を多量の食用油で揚げた日本発祥の料理である。

日本で開発されたカツ料理の一つであり、代表的な洋食料理である。

海老をカツの手法によって、多量の食用油で揚げて作る料理で、キャベツ、キュウリ、トマトなどの野菜が添えて出されることが多い。

多くの場合、タルタルソースやウスターソースなどをつけて食べる。

エビフライの素材は、高級店では主に車エビが使用されるが、漁獲量の低迷と価格高騰の影響があり、一般的にはブラックタイガー(ウシエビ)を使用する店が多い。

他に高級品でコウライエビ(大正エビ)、イセエビ、ニシキエビなどを使う例もある。安価で冷凍食品などではバナメイエビ (Litopenaeus vannamei) が用いられることが多い。

引用元:エビフライ – Wikipedia

スポンサードリンク

店長が取った行動がこちら

なんと、背中に貼り紙を貼って知ってもらうスタイル!!!

あまりの斬新さにネットでも面白いと大反響でした。

ネットの反応

スポンサードリンク

ちなみにこちらのお店、このような驚きのサービスもやっているようです

いかがでしたか?

とても暖かいお店ですね。

近くまで行く機会があれば是非寄ってみたいお店ですね!

出典元:twitter
(Twitterの埋め込み機能を使って掲載しております。)

【※ちょっとひといき漫画動画】友人に貸した軽トラがガソリン空で返ってきた・・・友人がまた貸してと言ってきて・・・

「日常まんが動画」のチャンネル登録はこちらです(*‘ω‘ *)

http://www.youtube.com/




スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない場合コメントができませんのでご注意ください。