ノートルダム大聖堂を再建する鍵は三次元データ!?『レーザースキャンや写真測量を用いて構築された』三次元データが話題


スポンサードリンク


ノートルダム大聖堂を再建する鍵は三次元データ!?『レーザースキャンや写真測量を用いて構築された』三次元データが話題

日本時間2019年4月16日未明、フランス・パリの中心部のユネスコ世界文化遺産「ノートルダム大聖堂」で大規模な火災が発生しました。

改修工事が原因と見られています。修復には20年がかかるとも言われています。

今回紹介するのは、ノートルダム大聖堂を再建の鍵についてです。

ぜひご覧ください。

スポンサードリンク

ユネスコ世界文化遺産「ノートルダム大聖堂」で大規模な火災が発生しました

ノートルダム大聖堂を再建する鍵は三次元データ!?『レーザースキャンや写真測量を用いて構築された』三次元データが話題

壊滅的な火事の後でノートルダム大聖堂を再建する鍵は、レーザー技術を使用して作成された完全にマッピングされたデジタルコピーに頼ることができそうです。

2015年には、昨年49歳で脳腫瘍でこの世を去った後期建築家Andrew Tallonが、パリのノートルダム大聖堂の細部をレーザー技術とデジタル写真を組み合わせて巧みに捉え、成功を収めました。

スポンサードリンク

360VRの映像化されたものもありました。 立体視で見る事も出来ます。

いかがでしたか?

とても素晴らしいデータを残してくださったAndrew Tallon氏に感謝ですね!

美しい姿が蘇ることを願っています。

出典元:twitteryoutube

(Twitter・youtubeの埋め込み機能を使って掲載しております。)




スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない場合コメントができませんのでご注意ください。