【※奇跡の出来事】『海岸から220km沖』を泳いで救助された犬が話題に!よくぞ生きていた!


スポンサードリンク


奇跡の出来事!『海岸から220km沖』を泳いで救助された犬が話題に!よくぞ生きていた!

今回紹介するのは、『海岸から220km沖』を泳いで救助された犬の報道です。

ぜひご覧ください。

『海岸から220km沖』を泳いで救助された犬が話題に!よくぞ生きていた!

タイで、海岸から220km離れた石油掘削装置に漂着した犬が救助され話題になっています。

海上を泳ぐ犬を発見した従業員が犬を呼ぶと、石油掘削装置のパイプのところまで泳いできたといいます(*‘ω‘ *)

素晴らしい犬と人の絆ですね!

この犬が海岸から泳いでここまで来たのか、船から落ちてたどり着いたのかは分かっていません・・・。

その後、犬を救助した石油掘削装置の労働者は、犬に「生存者」を意味するBoonrodと名付けました。

ネットの反応

・犬はかなり衰弱しているようです。探査および制作チームを祝福します。

・この犬を救う心を持ってくれてありがとう!あなたは私の心を笑顔にしました。

・非常にラッキーな犬

いかがでしたか?

無事に助かってよかったですね(´-`*)

出典元:youtube

(youtubeの埋め込み機能を使って掲載しております。)




スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない場合コメントができませんのでご注意ください。