『高い所から落ちて気絶した男性・・・』目を覚ましたとき、彼が目にしたのは・・・


スポンサードリンク


『高い所から落ちて気絶した男性・・・』目を覚ましたとき、彼が目にしたのは・・・

今回紹介するのは、高所から落下し目を覚ました時に起こった出来事です。

自宅前の剪定中に・・・

アルゼンチン在住のジーザス・ヒューチェさんが、自宅前の木を剪定していたときのこと。

作業の途中、彼は誤って約2mほどの高さから落下し、コンクリートに頭を強打してしまいます。

そのまま気絶したヒューチェさんが、次に目を覚ますと…

彼の周りには、既に救急隊が到着していました。

そして、胸の上には・・・

覆いかぶさるようにして自分にしがみつく、飼い犬・トニーの姿があったのです。

画像出典元:boredpanda

画像出典元:boredpanda

よほど心配だったのか、応急処置を施しているあいだ、彼はずっと飼い主の身体を抱きしめ続けていたそうです。

徐々に意識を取り戻したヒューチェさんが「心配いらないよ」と頭をなでますが…

それでもトニーの不安はおさまらず、救急車の中にまで上ろうとしたといいます。

その後、幸いにもケガ自体は軽傷だったため、ヒューチェさんはすぐに退院。

間もなくして、2人は喜びの再会を果たしました。

『通りで拾ったその日から、こいつに愛と食事を与え続けてきた。オレにとってトニーは、息子みたいな存在なんだ。』

と語っています。

いかがでしたか?

人と犬との素晴らしい絆のお話でしたね。

無事回復して良かったですね。

皆さんはどう思いましたでしょうか?

もしよろしければ、記事へのいいね・シェア・コメントよろしくお願いいたします(#^^#)

出典元:boredpanda




スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない場合コメントができませんのでご注意ください。