『柔軟な発想に驚き』台風15号の被害が続いている千葉県でJALが行なった対応が話題


スポンサードリンク


『柔軟な発想に驚き』台風15号の被害が続いている千葉県でJALが行なった対応が話題

9月8日から9日にかけて上陸した台風15号は、千葉県に甚大な被害を与え今もなお停電や断水が続いている地域が多数あります。

今回紹介するのは、Barbeeboys(@Barbeeboys2)さんが投稿したJALが行なった素晴らしい発想の対応の話題です。

ぜひご覧ください。

JALが除雪車で給湯

1週間ほど経過した13日、JALは停電と断水が続く千葉県多古町の老人福祉施設2か所に向けて、成田空港から除雪作業車を派遣しました。

スポンサードリンク

日本航空(JAL)は13日、台風15号の影響で停電と断水が続く千葉県多古町の老人福祉施設にお湯を作る機能を持つ除雪作業車を成田空港から派遣し、浴槽などに給湯する支援を行った。

入所者らは9日の停電以来、久しぶりの入浴を喜んだ。

ネットの反応

スポンサードリンク

いかがでしたか?

素晴らしいアイデアですね(#^^#)

皆さんはどう思いましたでしょうか?

もしよろしければ、ご意見ご感想よろしくお願いいたしますm(_ _)m

出典元:twitter

(Twitterの埋め込み機能を使って掲載しております。)




スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない場合コメントができませんのでご注意ください。