【※若者への警鐘】山中伸弥教授「例えば乗り物があって、この乗り物は500回に1回…」が話題(動画)


スポンサードリンク


山中伸弥教授「例えば乗り物があって、この乗り物は500回に1回…」が話題(動画)

日本や世界で感染が拡大する中、山中伸弥教授の若者への警鐘コメントが話題になっています。

ぜひご覧ください。

山中伸弥さん

山中 伸弥は、日本の医学者。京都大学iPS細胞研究所所長・教授、カリフォルニア大学サンフランシスコ校グラッドストーン研究所上席研究員、日本学士院会員。学位は大阪市立大学博士。

生年月日:1962年9月4日 (年齢 57歳)

山中伸弥 – Wikipedia

スポンサードリンク

山中伸弥教授「例えば乗り物があって、この乗り物は500回に1回…」

ネットの反応

スポンサードリンク

スポンサードリンク

・この方なりに皆のために出来ることをやっていらっしゃるんだね。

・さすが日本の宝。政治家聞いてるか?マスク二枚じゃ無理か。

・こういう例え方、流石山中教授だと思う

いかがでしたか?

わかりやすい説明だと思いました。

もしよろしければ、ご意見ご感想よろしくお願いいたしますm(_ _)m

出典元:twitter

(Twitterの埋め込み機能を使って掲載しております。)

関連記事

『言葉が汚くて申し訳ありませんが、叫び届きますように』SNSで今一番拡散されているウイルス研究者からの『叫び』が話題

九州の実家に帰省して、実家からの仕事に切り替えようかと思い親に連絡したら…

おすすめのチャンネルもよろしくお願いします

うさじまチャンネルでは日々の日常に起こったほっこりする出来事やスカッとするいい話を中心に漫画にして、みなさまにお届けしております。

チャンネル登録はこちら




スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない場合コメントができませんのでご注意ください。