米上下両院外交委員会の幹部らが「台湾をWHOに!」と50数カ国に書簡で呼び掛けが話題


スポンサードリンク


米上下両院外交委員会の幹部らが「台湾をWHOに!」と50数カ国に書簡で呼び掛けが話題

現在世界の中で台湾の立場が変化しています。

今回紹介するのは、米上下両院外交委員会の幹部らが「台湾をWHOに!」と50数カ国に書簡で呼び掛けという報道です。

ぜひご覧ください。

「台湾をWHOに!」と50数カ国に書簡で呼び掛け

スポンサードリンク

『世界保健機関(WHO)総会が今月18日に開幕する。米国の上下両院外交委員会の幹部らは現地時間8日、WHOから排除されている台湾の参加を支持するよう呼び掛ける連名書簡を50カ国以上に送付した。フォーカス台湾

 

『文中では、米国やその他の国の仲間となって台湾を国際組織、特にWHOから排除する行為の終結を中国に求めると強調。新型コロナウイルスに苦しむ世界の境遇に鑑めば、国連加盟国が一斉に台湾のWHO総会参加を支持することが正しい出発点だとの見解が示された。フォーカス台湾

 

ネットの反応

スポンサードリンク

スポンサードリンク

・いやもう普通に賛成

・オバマは8年間、何もしてなかったよね。

・まず台湾を国として独立させないといけないけど中国が嫌がってるからなぁ

・組織側から呼びかけるんだ。すごいけど裏がありそうっちゃありそう。知らんけど

・WHOは日本も抜けるべきだ

・イマイチよくわかってないんですけどつまりは「WHOから出てってる台湾を呼び戻そうZE☆」って解釈であってます?

いかがでしたか?

もうWHOじゃない組織を作って公平な判断ができる仕組みを再構築しても良いのでは?と思いました。

皆様はどう思われましたでしょうか?

もしよろしければ、ご意見ご感想よろしくお願いいたしますm(_ _)m

出典元:twitter

(Twitterの埋め込み機能を使って掲載しております。)




スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない場合コメントができませんのでご注意ください。