嫁が30過ぎで天国へ。嫁は俺、息子、娘にそれぞれ一年ごと、イベントごとの手紙を書いてくれていたのだが…


スポンサードリンク


嫁が30過ぎで天国へ。嫁は俺、息子、娘にそれぞれ一年ごと、イベントごとの手紙を書いてくれていたのだが…

今回紹介するのは、あるご家族のお話です。

ぜひご覧ください。

嫁からの大事な手紙が…

天国に行った嫁の手紙を、捨てられたとき。

嫁が30ちょっとで天国に行った。当時息子も娘も保育園の年齢。

病気だったから、準備の時間があって、俺、息子、娘にそれぞれ一年ごと、そしてイベントごとの手紙を書いてくれていた。

息子と娘は20才までと結婚、就職、親になったとき。

俺には60才までと再婚したとき、退職したとき、祖父になったとき。

一つ一つは長くないけど、毎年本当に楽しみに読んでいたし、これがあるから今まで頑張ってこれた。

誕生日の手紙も律儀にちゃんとその都度読んで、先に読んでしまうことはしなかった。

ところが家が浸水してしまい、手紙がびしょびしょで復活できない状態に。

それでもどうにか…と思っているうちに捨てられてしまった。

スポンサードリンク

魂が抜けたかと思っていたら、息子が手紙の写真を携帯で撮っていた。

震災のニュースを見ていて、写真や手紙もデータにしとけば万が一のときも残る可能性があるなと思って、中身は極力読まずに撮っておいてくれたらしい。

バックアップも複数してあるそうで、もし息子の携帯が壊れてもみられるんだとか。

それをきっかけに、今まで見なかった嫁個人の日記というか、入院中に書いていたノートのデータを見た。

辛い苦しいみたいなことも書いてあるんだけど、そのあとに必ず

「でも私で良かった。病気になったのが息子や娘、旦那じゃなくて良かった。神様、ナイス!」と書いてある。

「もし旦那だったら、私は弱いしだらしないから、息子と娘を立派に育てることはできないだろう。旦那に任せていけるからなにも心配ないね。

あーでも二人の成長を見たかったなぁ。息子が水に顔をつけられるようになるの見たかった。娘が話すのを聞きたかった。

誕生日の手紙、とんちんかんなこと書いてたらごめんね。二人がどんなふうに成長してるかわからないから、妄想。

生まれ変わらずに待ってるから、100年後くらいに、あったことぜんぶぜんぶ教えてね」

と書いてあった。

100年待たなくても、俺が教えに行く。

ただ娘と息子のこと、なるべく多くのことを伝えてやりたいから、絶対に長生きしようと思う。

-終わり-

スポンサードリンク

ネットの反応

・頑張って!

・ご家族みんなの健康と幸運を祈ってる。

いかがでしたか?

奥様の想いが伝わる手紙が無事でよかったですね(*´ω`*)

息子君、ナイスです!

皆様はどう思われましたでしょうか?

もしよろしければ、ご意見ご感想よろしくお願いいたしますm(_ _)m

出典元:open2ch




スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない場合コメントができませんのでご注意ください。