老人施設で弱音を吐く高齢のおばあちゃんに、後輩がKYを発揮し・・・


スポンサードリンク


老人施設で弱音を吐く高齢のおばあちゃんに、後輩がKYを発揮し・・・

今回紹介するのは、ある老人施設での出来事です。

ぜひご覧ください。

人間的には好感が持てる後輩A君だが・・・

私はとある老人施設で働く介護福祉士で、業務の他にも新人の指導育成も担当しています。

高卒で就職してきた後輩A君は、言葉遣いは悪いんですが、人間的には好感が持てる男でした。

基本的に目上には丁寧に接しようとするも、言葉遣いや言動が、どうしても高校の先輩後輩的なノリになってる、と言った感じで。

施設を利用するお年寄りに対しても、自分の親戚に話しかけるみたいなノリが多く、その辺が特に指導の対象になっていました。

基本的に、利用者に対しては敬語、丁寧語で接し、タメ口は好ましくないとされています。

仕事は真面目だし、頑張って覚えようとしてるし、返事もしっかりとする。

それだけに、言葉や言動が社会人的にはKYで評価を落としてるのがもったいない、と私も他の同僚も思っていました。

そんなA君ですが、先日、結果的にですが良い意味でやらかしてくれました。

当時、施設には104歳になられたBさんと言うお婆さんが暮らしていました。

このBさん、晩年に体調を崩すまでは100歳を超えてもカクシャクとした方で、立って歩く事こそ出来ませんでしたが、それ以外は大半の事が自力で出来ていました。

本人も「私は元気なだけが取り柄」と笑って話すのが印象的な方でした。

そんなBさんでしたが加齢から来る病気や体調不良には勝てず、肺炎を患い、治ってからも以前のようには体が利かず、すっかり弱気になっていました。

以前は、自分で食べれていた食事は人の手を借りなければ無理。

以前は、しっかりと形のある米を食べれていたのに、今は全粥。

以前は、トイレに座って排泄が出来たのに、今はオムツ。

わずか数ヶ月の間の変化でしたので、健康が自慢だったBさんには耐えがたかったと思います。

「私はもうダメなんだね。すっかり弱ってしまって、情けないね」

と、弱々しく話すBさんは、以前とは別人のようでした。

その日も、A君の指導をしつつ一緒にBさんの居室を訪れました。

私はBさんの介助を行いつつ、A君には手順の説明、その際にBさんにはA君とも話してもらっていました。

その時もBさんは

「若い人にこんな世話をかけてごめんね。すっかりダメになっちゃって」

と弱気な発言が目立っていました。

が、その時にA君は持ち前のKYっぷりを発揮してくれました。

スポンサードリンク

「え?100歳超えてるんだから、体にガタが来て当たり前じゃないっすか!?」

「それに、ついこの間まで元気だったんでしょ?どんだけ頑丈で長持ちだったんですか!?」

「俺みたいなガキからしたら、104歳まで健康だったとか、信じられないっすよ!尊敬します!」

不覚にも、一瞬「おまっ!?」と思考停止しかけました。

言いたい事は分からないでも無いですが、さすがにKY過ぎると、Bさんにフォローを、と思ったら・・・・・・

「あははははははは! あんた、面白い事言うね!」

何とBさんは大笑いを始め、しばらく笑い止みませんでした。

「・・・・・・そうよね、私は頑丈で長持ちしたのよね」

「この年まで健康だったし、玄孫もいるし、市からも長生きで表彰されたのよね」

「あんたみたいな考えがあるんだね、ありがとう」

と、笑いながらA君の手を握って感謝していました。

A君は「え? 俺そんな大層な事言ってないっすよ!?」とオロオロ(笑)

私は空気でした。

その後、Bさんは体調は回復しませんでしたが、以前のような明るさが戻りました。

「私はこの年まで、頑丈で長持ちしたんだよ」

「これからも迷惑かけるけど、よろしくお願いしますね」

と、いつも笑顔で話すようになりました。

同僚から「良い事だけど、何でだろ?」と聞かれ、理由を伝えると、そろって「おいおい・・・・・・」といったリアクション。

やっぱそう思いますよね?

A君も、「いや、俺そんなつもりじゃ・・・・・」と困惑気味。

もちろん、あの後は説教済みです。

Bさんはその後、半年ほどで天寿を全うされました。

病没ではなく、完全に寿命です。

植物がゆっくりと枯れ落ちるような、そんな生き物として自然な形でした。

天国に行く前日まで、介助等で関わるたびに全ての関係者に「ありがとう」と言い続けてくれました。

A君のKYな発言が結果的にBさんの心を救った事は間違いなく、Bさんの最期はとても穏やかだったと思います。

・・・・・・ですが、だからと言って社会人的にそれが許容されるはずも無く、A君はほぼ毎日先輩職員からの

「いい加減に言葉遣いを改めなさい!(意訳)」と説教される日々です。

まぁ、多少はマシにはなって来てはいますが。

何だかんだで皆から好かれる人間性は、私や他の同僚も認めてるんだから、早い事さらに一皮向けて大人になれよと願っています。

-終わり-

スポンサードリンク

ネットの反応

・いい話だった。彼にはこれからも頑張って欲しいな。

・A君のフランクな言葉だからこそBさんの心に届いたのかもしれないよね。
A君の素直な気遣いがBさんに伝わったいい話だと思うよ。

・ヘルプマンというマンガを連想した。

いかがでしたか?

A君の予想外すぎる素直な言葉が、お婆さんの心に届いたのですね(*‘∀‘)

先輩達はヒヤヒヤしたでしょうが…

皆様はどう思われましたでしょうか?

もしよろしければ、ご意見ご感想よろしくお願いいたしますm(_ _)m

出典元:2ch.sc




スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない場合コメントができませんのでご注意ください。