大橋巨泉さんが『1978年の24時間テレビの第1回目』で、番組の最後にハッキリ言ったこと「僕が言いたいのは…」(動画)


スポンサードリンク


大橋巨泉さんが『1978年の24時間テレビの第1回目』で、番組の最後にハッキリ言ったこと「僕が言いたいのは…」

今回紹介するのは、1978年、24時間テレビの第1回目で、大橋巨泉さんが番組の最後に言ったことです。

ぜひご覧ください。

僕が言いたいのは…

スポンサードリンク

巨泉さん「はいありがとう。えー、24時間テレビ、今もう終わるんですが、まだ電話は鳴り続けております。たった一日の冒険でしたけども、あのー、明日っから普通のテレビに戻りますが、この番組終わる前に僕、二つだけ皆さんに言いたいことがあるんです。一つは、あのー、99%が1円玉、5円玉、10円玉、だと、思うんですね。あの、金額は少なくとも、量は!ということは、貧しい人たち、決して豊かでない人たちが、こういう僕たちの企画に賛成してくれて、あのー、募金してくれたと思うんです。ですから、僕が言いたいのは…、福田総理大臣をはじめ政府の方、全政治家の方に、本来は、これはあなた方がやることだと思うんです。ですから、あの、福祉国家を目指して、いい政治を、していただきたいと思います。それから、あの募金をしてくれた方、今日代々木に集まってくださった方々にも、一つだけお願いがあります。お金を寄付したからもう終わりだ、じゃなくって、あの、一番大事なのは僕、意識だと思うんですね。つまり、強いもんだけが、弱いもんを蹴っ飛ばして、その、世の中を作るんじゃなくて弱い人たちと一緒にいく。だから今日、募金なさった方は、明日っから、あのー、車があったらそこへ割り込もうとか、オレの方が運転が上手いから、殴り合いになったらオレの方が強いから先に入るという、そういうことじゃあなくって、ちょうど外国で、先進国でよくあるように、一台一台、そのー、車で入っていくと、一つの道へ。そういう運転にしてもらい、運転だけじゃなくてね、そういうことが、意識がね、大事だと思うんです。」

24時間テレビ[第1回 (1978)]グランドフィナーレ

温かみがあり、そして志す事があった番組だったんですね(^^)

『何かをやろう!』という気持ちがとても伝わりますね。

ネットの反応

スポンサードリンク

いかがでしたか?

大橋巨泉さんの言葉がとても心に響きました。

皆様はどう思われましたでしょうか?

もしよろしければ、ご意見ご感想よろしくお願いいたしますm(_ _)m

出典元:twitter / 画像出典元:photo-ac.com

(Twitterの埋め込み機能を使って掲載しております。)




スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない場合コメントができませんのでご注意ください。