【※ライフハック】『普通すべってしまいそうな凍った道路』を北海道民が歩くとこうなる!参考になる動画が超話題


スポンサードリンク


画像出典:twitter

『普通すべってしまいそうな凍った道路』を北海道民が歩くとこうなる!参考になる動画が超話題

寒くなると寒さ以外にも様々なことが起こりますよね?

氷点下になると地面が凍りついてしまう『アイスバーン』などは、慣れてないと怪我をすることも・・・

今回紹介するのは、北海道民がアイスバーンを平然と歩いている動画です。

スポンサードリンク

この動画を発信したのはこちらの方です。

北海道を世界に発信する2.5次元北海道タレント。北乃カムイ 北海道情報 【公式】@kamuikitanoさんです。

アイスバーンとは?

路面凍結(ろめんとうけつ)とは、気温が氷点下になり道路上の水分(積雪や降雨した後の水溜りなど)が凍りつくことである。

凍りついた路面のことを日本ではアイスバーン(ドイツ語 Eisbahn)と言う。ただし、ドイツ語における「Eisbahn」本来の意味は「スケートリンク」である。

引用元:アイスバーン – Wikipedia

動画をご覧ください!

すべることなく平然と歩いてますね!

スポンサードリンク

ネットの反応

スポンサードリンク

いかがでしたか?

「ペンギンみたいに歩く」「のっしのっし歩く」

などなどイメトレして挑むのも良いかもしれませんね。

出典元:twitter
(Twitterの埋め込み機能を使って掲載しております。)




スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない場合コメントができませんのでご注意ください。