【※あなたはどう思いますか?】『60年縫製してきた母にテレビ局の取材』楽しそうと勧めたけど後悔しかない


スポンサードリンク


画像出典:twitter

『60年縫製してきた母にテレビ局の取材』楽しそうと勧めたけど後悔しかない

今回紹介するのは、『60年縫製してきた母にテレビ局の取材。楽しそうと勧めたけど後悔しかない。』というつぶやき内容です。

皆さんは『縫製』についてご存知ですか?

縫製技術は一朝一夕に身に付くものではなく、技能の学習と訓練が必要です。

その大変さを理解した上で取材に来たのかというとそうではなかったのです・・・

スポンサードリンク

縫製

ミシンなど裁縫を支援する機械も発達しており、こと先進国で利用されているミシンの中には20世紀末頃よりコンピュータを内蔵した多機能化・高性能化した機器も登場している。

これらミシンは家庭から縫製工場まで、様々な製品が様々な用途に用いられ、様々な縫製品を作り出している。

なおこういった技術は一朝一夕に身に付くものではなく、技能の学習と訓練が必要である。

このため義務教育などでは家庭科の範疇でこういった作業に関する教育が行われるほか、専門学校などではこれを専門に教えるところや、被服科などの特別なカリキュラムも存在する。大学などでは、被服学あるいは被服構成学の一部として教授される場合がある。

また布はく縫製技能士のような技能試験による資格も存在する。

ただ先進国の多くでは、少なくとも必要最低限の用を足すことのできる衣服を含む布製品は、安価で大量に販売されていることもあり、一般では裁縫という行為そのものが日常から遠ざかっている家庭というのも珍しいことではない。

しかし趣味の範疇で裁縫を好む者もいて、いわゆる「手芸用品店」などでは豊富に裁縫用品が販売されているほか、ボタンの脱落など簡単な「衣服の損傷」で買い換えることを好まない者など向けにスーパーマーケットやコンビニエンスストアなどでも簡単で安価な「ソーイングキット」(最低限の道具をセットにした裁縫セット)が販売されている。

なおこういった裁縫道具などを収める箱のことを、裁縫箱という。

現在は自動化が進行しており、自動検反システム、自動裁断システム、自動袖付けミシン、自動ボタン付けミシン、自動縫製システムなどが使われるようになって、裁縫は労働集約的では無くなってきている。

引用元:裁縫 – Wikipedia

60年縫製してきた母にテレビ局の取材。楽しそうと勧めたけど後悔しかない。

大変な作業だと理解していないスタッフのせいでお母さまは休憩も取らず5時間で縫い上げました。

スポンサードリンク

分からない人に取材されても意味なかった

放送は取り止めをお願いした

縫製全行程本邦初公開したにもかかわらず、外観や意図が不明な部分ばかりにクローズアップされた。

売り上げについても

軽視されるというか、見さげられるというか・・・

スポンサードリンク

ネットの反応

いかがでしたか?

皆さんはどう思いましたでしょうか?

取材を受ける側は手間と時間を使っていることを理解しているのでしょうか・・・

出典元:twitter
(Twitterの埋め込み機能を使って掲載しております。)




スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない場合コメントができませんのでご注意ください。