『あきらめないのも才能』志村けんが残した15の言葉


スポンサードリンク


『あきらめないのも才能』志村けんが残した15の言葉

志村けんさんは様々な名言を残しています。

今回紹介するのは、『あきらめないのも才能』志村けんが残した15の言葉です。

ぜひご覧ください。

志村けん

志村 けんは、日本のコメディアン、お笑いタレント、司会者である。ザ・ドリフターズのメンバー。イザワオフィス所属。1972年までの旧芸名および中国語での表記は「志村 健」。本名は志村 康徳。

志村けん – Wikipedia

スポンサードリンク

1.

お笑いって基本的にあったかいものだと思うんですよね。

2.

なんの仕事にしてもそうだと思うけど、本当に嫌だったら辞めればいい。

でも、辞めないってことは、自分が好きで選んだ道だということだし、やり遂げる責任も負うことになる。

だから、少々嫌なことやつらいことがあっても、それは自分が我慢すればいいことじゃないかな。

3.

みんなと同じだったら、一番楽だろう。不安もなくなる。

でも、その代わり個性もないってことになる。

あいつは変わってる、と言われるのは光栄なことだ。

1回きりしかない人生なんだから、自分の好きなように、自分に正直に生きようよ。

4.

オレはいつでも「個性は変人、常識は凡人」でいたいと思っている。

スポンサードリンク

5.

「飽きられず、忘れられず」、これがキャラクター・ブランドを長期にわたって維持していくための戦略。

6.

マネして出来なきゃ、それは才能がない証拠。

7.

ドリフターズって言ったら家族みたいなもの。

8.

音楽をプラスすると笑いが強くなる。

9.

テレビでも、あまりに普通の人が普通のことをやりすぎている。

そんなのはおもしろくない。

変わった人、珍しい人、平凡な人、少し狂気のようなものを感じる人。それを見たいから世間の人はテレビや舞台を見る。

芸人はもともと変わってるんだ。僕たちはそれでいいんだ。

スポンサードリンク

10.

仕事を楽しくするためには、男にしても女にしても好きな人が近くにいた方がいい。

だから僕は自分が好きな人を、まずゲストに呼んだり、レギュラーに加えたりする。

11.

なんでもそうだけど、ずっと続けているとうまくなる。

うまくなると、またおもしろくなってきて、さらに一生懸命やろうという気になってくる。

そうやって、一人前になっていくんだと思う。

12.

笑いというのは、切羽詰まった時に生まれるものだ。

13.

グループの笑いというのは、全員の仲がよくないとうまくいかない。

14.

おいしいところをゲストに。それは僕のいつもの考えだ。

スポンサードリンク

15.

天才なんて

どこにもいない

ある意味じゃ

努力できる人間が

天才なんだ

でも最近は

その前にやめちゃう人が

あまりに多いんだよ

– 志村けん –

いかがでしたか?

皆様はどの言葉を気に入りましたでしょうか?

もしよろしければ、ご意見ご感想よろしくお願いいたしますm(_ _)m

出典元:twitter

(Twitterの埋め込み機能を使って掲載しております。)

関連記事

【※イチローの名言】『ムダなことって結局ムダじゃない!遠回りすることが一番近道!』やっぱり凄いイチローの名言は響く24選!

【※渋沢栄一の名言】『四十、五十は洟垂れ小僧、 六十、七十は働き盛り、 九十になって迎えが来たら、 百まで待てと追い返せ。』あなたの心に響く渋沢栄一の名言24選

おすすめのチャンネルもよろしくお願いします

うさじまチャンネルでは日々の日常に起こったほっこりする出来事やスカッとするいい話を中心に漫画にして、みなさまにお届けしております。

チャンネル登録はこちら




スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない場合コメントができませんのでご注意ください。